今夜、あいてる?

ずっと違和感がありました。

このかぎの表示。

大開口のサッシのカギ表示です。今閉まっています。

防犯的に安全な緑色。

これは空いています、危険な赤色。

なんか変な感じしません?

ずっと変な感じだったんです。

が、

さっきわかったんです!

これ、

トイレ。

当たり前ですが、空いている緑。

赤だから使用中、締まっています。

違和感の原因は昔からなじみのこれだったー。

原口

増築工事

増築工事がはじまりました

ポーチが一部、部屋になります

基礎工事にかかる部分は解体し
本日は基礎コンクリート打設をしました

この後養生をして本日の作業は終了です。

高崎を行く?

というカテゴリがあったのを思い出して。

高崎の中心市街地を信号待ちして見つけた建物。

あじわい深い姿に心惹かれ。

高崎ではかなりメインの通りにあるのに、全然気づかなかった。

40年くらい高崎にいるのに・・。

知ってました?パン屋さんです。

私が全然知らなかっただけで、よく知られたパン屋さんのようです。

原口

「ラバーロック」にご注意

訪問業者に「瓦にコーキングをないと雨漏りしますよ」と言われ

良く分からないまま不安になってやってもらったら

なんと「100万円」を請求されて払ってしまった

離れて暮らしている子供に話したら、「何をやってるんだ!」と

ひどく叱られた…という話を聞きました(実際にあった話)

 

そのお宅の近隣では5軒ほど同様の被害があったようです

このブログをご覧の皆さまにも、改めて注意喚起です

 

「被害」とは書きましたが、効果のあるコーキングもあります

※写真:ラバーロックの基礎知識

 

地震や台風時の瓦脱落防止に、しっかりした施工方法で行なえば

ちゃんと効果を得ることができます

 

雨水をきちんと排水できるよう、施工方法を知ったうえで

適正な金額を提示できる業者を選びましょうね

 

工事が終わってもちゃんと連絡が取れることも大事です

もしもご自宅で不審なことがあったら…

信頼のおける「思高建設」へ是非ご一報を!

無料でお答え致します(^^)/

 

担当 : 江畑

 

 

 

事務所の見張り番

 

こんにちは。

 

 

お客様がデイサービスで作ったそうです。

年末年始にお会いできず、会社の営業が始まったころ会社に届けてくれました。

サンタクロースの時期は過ぎてしまいましたが、

ずっと外を眺め、事務所の見張りをしてくれています。

 

サンタクロースと雪だるま 笑っているように見えませんか?

お客様もいつも笑顔なので、気持ちが伝わったのかな。

 

担当:なな

 

 

屋上防水改修工事完了

屋上改修工事が完了しました

施工前

施工後

お客様にも大変満足していただきました

 

皆様も屋根や屋上でお困りの事がありましたら

思高建設までご連絡ください

建具の動きが…やはり気になる

こんにちは。

 

室内建具の動きが悪いと調整させていただいたお客様より

やはり気になるとの連絡をいただきました。

 

調整では限度があり、部品を交換させていただくことにしました。

毎日使用するリビング建具ですので、不便に感じられたのでしょうか。

部品交換後は、不便なく使用できると思います。

 

建具が少し重くなるだけでも違和感があり、不便に感じることもあるので

費用が掛かりますが、部品の交換を提案させていただきました。

 

 

友達の子供 ひまりちゃんが、私の為に作ってくれたぞうさんです♪

 

担当:なな

 

ウッドデッキの足元 その2

前回の続き

地面は基本的に平らではありません。

なのでピンコロをじかに地面に置いただけじゃ平らじゃないし、高さもバラバラ。

ここで登場するのが砂かバサモル。

今回はバサモルを使いました...。

は?

なんだ?バサモルって。

語源はよくわかりませんが多分、バサバサしたモルタル。

水分の少ない砂みたいなモルタル。

 

砂とセメンと少量の水を混ぜたこんな感じのバサバサした状態。(写真は拝借)

これをピンコロを置く予定の地面の上に盛る。

その上にピンコロを置いてグリッグリッて沈めるように高さを合わせます。

高さの目安はこれ。

見えずらいのですが、地面に差した鉄筋に糸が張ってあります。

これを目安にグリッグリッてセットします。

糸は通りの目安にもなります。

今回は砂利を敷きながらセットしたのでバサモルの具合が分かりづらかったと思いますが、ピンコロの予定位置に少し広めの穴を掘って砂でセットする方法が一番やりやすい気がします。

砂・ピンコロ・セメントとすべて町のホームセンターに売ってます。

ぜひ。

原口

三連休の三日目

 

 

 

とても穏やかな天気ですが

今日は今年三度目の三隣亡です

 

三隣亡とは、建築関係の大凶日とされ

火事を起こし、近隣三軒を焼き滅ぼす

といわれている日だそうです

 

諸説ありますが、江戸時代では

三輪宝といわれ、屋立てよし、

蔵立てよしと、吉日として扱われて

いたそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキのあしもと その1

みなさんの中にもご自分でウッドデッキをこしらえようと考えた方はいらっしゃると思います。

が、地面との取り合い、基礎の部分がどうにもということで断念される方もいらっしゃるかと思い、今日はそんなウッドデッキの足もとの作り方の報告をします。

まず今回使うのはこれ、

コンクリートに金物が付いたピンコロ。

ズバリ、このピンコロの設置方法と位置がすべて。

モノの位置には平面と高さ、この2点しかありません。

平面は、X軸Y軸の2方向のうち、決めたルールのどちらかの通りをそろえればOK。

高さもピンコロに合わせてその上に乗せる木の束のを切って調節すればよいので、そんなに心配しなくてもいい。

が、後から動いちゃうと困るし、あまりにもばらばらでは美しくないのできれいにそろえる必要があります。

ということでまた次回。

原口