鉛筆の具合

小学生のころは鉛筆が主流。

ロケットペンシルは許されたけど、シャープペンシルは少し不良っぽかった。

学校に持ってくること自体いけないことのような雰囲気があった。

でも小学校5年生の時にお絵かきの副賞でもらったのはシャープペンシルだった。

今はもう手元にないが、「2020Rocky」って印字されたシャーペン。

緑色だったなぁ、この記憶は鮮明。

振ると芯が出る画期的なやつ。振れ振れロッキー。

てことは高学年ではシャーペンは許されたのか・・・・?記憶があいまいだ。

中学生以降は鉛筆を削るという行為の非効率さをきらい、マークシートの試験以外は

ずっとシャーペン。

鉛筆なんてもう過去の遺物だとさえ思うようになった。

それが、この仕事はじめたら現場ではほとんどの人たちが鉛筆を使ってる。

内心、チェッ、まだエンピツかい、それは粋なのかい?・・・・。

なんて思ったこともあった、かもしれない。

それが...。

昨日シナベニヤという化粧合板にスミ出しをしたんです。ケガキ。

スミといっても書くのはシャープペン。

最近の「マイPEN」ブームは自分でオリジナルの組み合わせが可能なこのタイプ。

シャーペン+赤0.3mm+ブルーブラック0.3mm。

メーカーは違うけど0.28mmなんてのもお気に入りの一本。

細線タイプは持ちもいいし、手帳への記入とか細かい書き込みにすごく便利。

昨日のスミ出しもいつも持ち歩いてるこれで。

しかし、これスミ出しには少し具合悪いんです。

スミ出しはシャーペンのほか、メジャー持ったりモノサシ持ったりで

常にシャーペン持ってるわけではないのでどっかに置かなきゃならないんです。

持って、そして置いてまた持つ。けっこうなロスです。

こんなことがないようにそうです、耳です、耳に掛ければいいんです。

が、ここでさっきのシャーペン、掛かりが悪いんです。

ちょっと頭動かすとすぐ落ちちゃいます。

太さも形状も耳には合わないんです。

そこでやっと気づきました。

30年ほどの年月を経てやっとその鉛筆の具合の良さに気づいたんです。

あの鉛筆の六角形と太さは耳にフィットなんですねぇ。

削り方を工夫すれば1本で太線も極細線もかけます。

現場での作業効率考えればやっぱエンピツ。

エンピツ使いの皆様、大変申し訳ありませんでした。

エンピツはすごいです。

長いことないがしろにしてしまったエンピツ、

自らの身を削って人に仕えるその謙虚さ...。

改めてその奥深さ、機能形状について見つめ直したい。そう思う一日でした。

そうだ!

2020ROCKY、さっきヤフオクで緑色見つけましたどうしよっかなぁ~。

原口

擁壁(ようへき)工事

毎日のように、配達業務で弊社事務所へ来てくれる方から、土地の擁壁新設のご依頼を受けました

「擁壁」とは、高低差のある土地を区画分けするために設ける「土留め」の構造物です

元々の状態はこんな感じで、測量は済ませられていたものの隣の田んぼと少し高低差があり

盛った土や石垣で段差を解消しているため、境界がはっきりしていなかった土地

2014-11-10 09.42.44

高い部分で2mを超えない規模でしたが、隣地の地主さんにも了解を得てスムーズに工事は進み・・・

2014-11-22 10.39.04

 

天気にも恵まれ、およそ2週間を経て最終的にブロックを天端に積んだりして

2014-11-28 09.34.13

昨日無事、お引渡しとなりました

 

 

 

 

担当 : 江畑

 

ブラインド入複層ガラス

施工中のS様邸

浴室の窓を「ブラインド入複層ガラス」というものを選ばれました。

 

写真はブラインドのスラット(羽根)を水平にした状態です。

どこでスラットを操作するかというと

 

 

赤丸の部分の長方形を上下に動かします。

スラットは180度回転するので

光と外部からの視線をコントロールすることができます。

便利な窓ですよね。

担当:髙野辺

ステンドグラス入り間仕切戸に改装

新築は弊社でなかったものの、その後のリフォームは全てお任せ戴いているFさま邸

先日、リビングとダイニングを仕切る間仕切りの改装をご依頼戴きました

2014-10-30 09.15.53 2014-10-30 09.43.03

こんな感じで折戸式だった間仕切りを、ステンドグラス入の3本引戸へ変更

 

枠周りも既存の壁に合わせ塗装、床もフラットレールで段差が無いよう考慮

2014-11-21 10.31.04 2014-11-21 10.31.45

重厚感あふれる、お施主さま好みの仕上がりとなりました

 

 

 

担当 : 江畑

LED照明 ダウンライト

こんにちは。

LED照明器具。
カタログを見ると大半はLED照明です。

弊社で提案させて頂く器具を例に

(KOIZUMIより)

器具により、LEDと器具が一体になっているため、ランプ交換ができないものもあります。
この器具にはLED一体型と記載がありますので、交換できないものになります。

しかし、光源寿命は40,000時間。

40,000時間って??

※カタログより
1日10時間点灯で約10年使用すると、明るさが70%程度になります。
(LEDの寿命は約40,000時間で設計)
この40,000時間は初期の明るさに比べて約70%に低下するまでの時間を寿命としています。
照明器具の寿命ではありません。

この期間、ランプの交換なしで手間が省けます。
高い場所にはLED照明をお薦めします。

担当:なな

うって変わって

昨日の大きい窓のお話から今日は狭かったり低かったりする話です。

日本の風景とか建物には幅が狭かったり、高さが低かったりすることで
その良さが引き立つことが間々あったりすると思います。
この路地もその先を想像するとわくわくします。
ちなみにこの側溝のふたは木製で、犬は半分野生です。

こんな狭い路地もなんだかすてき。

この路地の先には天井の低い通路。
わくわくマックスです。

このアプローチなんか低さと狭さで高級感をかもしだしている感じがします。

この低目の門扉も頭を傾けながら入っていく姿なんか想像すると粋ですね。
和の低さや狭さは茶室に由来するのだと思いますが、ここでオモダカの茶室

まだ工事中で後ろの扉なんかが手をいれる前なんですけど、
幾たびか報告させていただいている素敵古民家の一室です。
そして、このすてき古民家のすぐそばにこんな「狭い」を発見しました。

分ります?でしょうか、
左ののっぺらのコンクリートと右のジグザグコンクリートの間に階段です。
さて、どこへ続くんでしょうか?

原口

大きな窓物語

大きな窓、魅力的ですよねぇ。
なんたって日本には四季がありますから風情に関しては他国に劣ることはまずありません。
ですが、大きな窓を設けるには省エネの観点から少し注意が必要なのです。
そんなことを踏まえながらオモダカの現場報告をしてみます。
ではまず

中二階に設置された窓3つ。
上から9尺(約2.7m)フィックス、9尺引き違いそして9尺フィックスの3段窓。
冬の低い陽をふんだんに取り込みます。
続いて

階段と物干しスペースに設けた6尺(約1.8m)四方の曇りガラスの窓。
共に採光の確保を目的に設けたんです。
以上の2例は新築物件ですが、改修工事の現場でも大きな窓を設けて、その窓がもたらす幸せな生活を実現しようとしています。

さあ、どんな雰囲気に仕上がっていくのでしょうか?
引き続きレポートしていきたいと思います。
皆様、どうぞお楽しみにっ!
原口

自転車部活動報告

今日は思高建設自転車部、秋の活動日。
ポカポカの小春日和で日頃の行いの良さがうかがえます。
そんな暖かな今日、目指すは榛名山麓一周。
では、さっそく。

今日のコースは右回り、渋川方面から東吾妻、倉渕経由で一周します。

こんな風景、修学旅行中に京都で見た感じがしたんですけどそんなことない?

ヒカゲ道と呼ばれる通りを走ります。おや、先頭がかわりましたよ、調子が出てきたのでしょうか。

でもやっぱりまた入れ替わって少しずつ離れているようにもみえます。紅葉が見ごろです。

昼ごはんを食べておおよそ半分まで来ました。
忠治で知られる大戸の関所跡。

倉渕を過ぎて下りは快調です。

旧榛名町までくればあと少し。

15時過ぎに無事会社に到着です。
勤労感謝の日の今日、お客様をはじめ勤労の機会を与えてくださる皆様に感謝しつつ、気持ちよく自転車に乗れました。
みなさま、誠にありがとうございます。
原口

太陽光発電データ、お客さまから戴きました!

3月から全量買取りでの売電が始まったOさま邸ですが、これまでの発電状況データを戴きました

 

Oさま邸発電情報_2014みなさんが一番気になると思われる「売電金額」を大きくしてみました

 

順調ですねぇ・・・さすが11kw、3月こそ途中からの売電開始なので金額が少ないですが

 

全てメーカー予測よりも多く、堅調に推移しています

 

単価36円/kw(税別)のご契約(現在は34円/kw)で、それが20年間続きます

 

すごいです!

 

 

 

担当 : 江畑

色見本

塗装の色を決めるに当たり参考になるのが色見本です。

日塗工(にっとこう:日本塗料工業会)、ポケットサイズの見本帳ですがかなり厚いです。

開くと・・・

なんと656色あります。

ポケットサイズでこれだけあるので、

これより大きい見本帳はもっと色数が載っているのかと思ってしまいますね。

担当:髙野辺