電子カーテン

体験しました、「電子カーテン」!

 

…とは言っても、住宅ではなく飛行機の話

先日、縁あって四国は愛媛まで飛んできました

愛媛の松山空港、海も山も近くて風光明媚な空港です

ちょうど太陽が眩しい側の席で、シェードを下ろそうと

窓を見ましたが何もありません…

ん…窓の下に何か丸いものが

丸いスイッチの上下を押すことで窓ガラスが!

航空機用電子カーテン」だそうです

便利な世の中になったものですね

 

機内のどこにも説明書が無かったので、周囲の団体客からは

「まぶしいね~」「カーテン無いの?」の声が上がってました

 

ひとり快適な空の旅を満喫しながら戻って参りました

 

 

担当 : 江畑

 

気を付けて!群馬の宿場

もしかしたら、過去にアップしたことがあるかもしれませんが...。

渋川のちょっと先、道の駅こもちのすぐ裏(西)に宿場があります。

白井宿といいます。

沼田街道、草津道などの宿場。三国街道にもつながっていたと思います。

両脇を街道ではさんだ水路、ザ・宿場街道の見本のようなレイアウト。

街の建物は一部のみ維持保存されていて、かなりの数は建替えられています。

よって街全体の旧宿場感は薄れています。

が、写真の撮り方によってはかわいさ、ではなく古さを感じさせることは出来ます。

で、

そうだ、気をつけなければいけない群馬の宿場の件。

この白井宿、なんと群馬にもう1つある!んです。

鬼石から信州を結ぶ十石街道というのがあるんですけど、その道中にも白井宿ってのがあるらしいんです。

場所は今の上野村。

と、いうことで群馬の白井宿で待ち合わせって時はちゃんと確認しましょう。

原口

重量ブロック

住宅本体のお引渡しが終わったMさま邸

少し高低差のある敷地の土留めとして

3~4段のブロックを積む工事中です

 

使用するブロックの種類は「重量ブロック」

搬入され積んである状態では分かりにくいですが

ひとつひとつのブロックにある刻印を見ると…

JISマークと共に「C」の文字、見えにくいですかね^^;

 

コンクリートブロックは、厚み以外にも

A種・B種・C種、と主に3種類に分類されます

 

圧縮強度が一番強いのが「C種=重量ブロック」です

しっかり、手違いの無いよう、工事を進めます

 

担当 : 江畑

自宅改修4

こんにちは。

 

自宅改修も

玄関引戸・勝手口ドアの製作待ちです。

その施工に合せて、レンジフード・造作棚も工事の予定です。

 

勝手口ドア、枠とドアの寸法を測ってもらった時に

枠のW寸法が上下に比べて真ん中の部分が横に大きいと言われました。

 

え~

 

ドア本体の寸法は変わらないので、

真ん中の部分は枠とドアに隙間が約1cmほどあったようです。

どうにか枠とドアが重なっていたので、全く気づかずにいたわけです。

(ちなみに自宅は30年前に個人大工さんに建ててもらいました)

 

しかし、この場合にも既存に合せて製作なので対応できるそうです。

どんな納まりになるのか、気になりますね。

 

 

担当:なな

上棟日

上棟日当日は、普段木工事を行う大工さんの他に

応援の大工さんも加わって作業します

 

長くて重い木材を効率良く運ぶため

レッカー車で吊り上げて運びます

柱を立て、横架材である梁や胴差しを組み上げます

「さげふり」という器具を使い

柱が垂直になるように調整します

玄関引戸 部品交換

こんにちは。

 

先日、玄関引戸の修理をお受けした H様邸

 

現調より

鍵サムターン部分の部品が壊れ、内側に部品が出ていました。

(LIXIL 玄関引戸 サムターンより)

 

その為、鍵の開け閉めに支障があったようです。

部品の取寄せに数日かかりましたが、

お客様とのご都合の良い日で、今週土曜日に作業させていただきます。

 

部品交換後にはスムーズに鍵の開け閉めが出来るようになりますので、

もうしばらくお待ちください。

 

担当:なな

 

人生と現場

木造の建物の屋根は通常、1層で造られるものですがたまにこんな納めをすることもあります。

屋根の下地を1枚作った上にまた屋根の下地の垂木を打っています。

この上にまたベニヤを敷いて屋根の下地にします。

当然材料コストは1層タイプより単純に高くなりますが、工期・安全・性能(断熱とか)を考えるとそこはかけるべきコストだったりするんです。

で、あーあー割高んなっちゃったなぁーとか思い悩むんですが、結果的に安全とか性能とか優先したことによるメリットもちゃんと後からついてくるんです。

そんなもんなんです、人生はよく分かりませんが、現場はそんなもんなんです。

そう信じてやまないのです。

原口

ビスピッチマーカー

「ビス」を打つ「ピッチ(間隔)」を「マーク」する機械「ビスピッチマーカー」

ピッチは「100mm~300mm」まで選べるので「マルチ」

 

↓ こんなふうに石膏ボードの縁に沿わせて滑らせることで

小さな黒い点が見えるでしょうか、指定した間隔で

ビスを打つポイントがチョンチョンとマークされていきます

 

必要な数のビスを、下地の入っているラインを外さずに打てる、

腕のいい大工さんが愛用するプロの道具でした

 

担当 : 江畑

プロフェッショナル~オモダカの職人達~ 01

新しいシリーズ、ザ・プロフェッショナル。

記念すべき第1回目はコーキング。

外壁材の柄の貼り分けをした現場の一枚です。

材料はサイディングと呼ぶタテ45cm、巾は3mほどの板を切って貼る方式です。

板どおしの隙間はゲル状の材を充填して止水します。

コーキングの色は外壁に合わせてそれぞれ作られています。

そこで、今回のように貼り分けしてる時ってコーキングはどうなってるんだろうと見てみました。

すると、(わかりずらいので大きな写真で)

なんと、打ち分けていますよー!

打ちたてはまだまだやわらかいコーキング、2種類がどの状態で隣り合ったのでしょうか?

職人さんにすぐにでも聞いてみたいところですが、なんか野暮な気がするので次の機会に盗み見しようと思います。

原口

ウォーク イン クローゼット

お引渡し後10年経ったお客さまのお宅

ウォークインクローゼットを見せて戴くと…

写真が小さくて分かり辛いですが、

とっても綺麗に整理整頓されていました

 

腕時計や小物の陳列ケース、シャツやコート類のハンガー

どこに何があるか一目瞭然です

 

帰宅してから自分のクローゼットを見て

情けなくなりました^^;

 

 

担当 : 江畑