はじまりの家

ビオ・ハウス・ジャパン一級建築士事務所設計の「はじまりの家」

延床面積20坪弱の平屋が、先日完成・お引渡しとなりました

南側に大きなウッドデッキがあります

 

勾配天井のLDK、対面キッチンの後ろは食器・食品収納スペース

対面キッチンのリビング側はちょっとした小物を入れられる収納棚を配置

キッチン自体、ステンレストップ以外は造作です

床板は杉の無垢材(リボス塗装仕上げ)で

既製品のフローリングと違って足裏の感触に温かみがあります

 

個室の上は小屋裏になっており、低めの天井が落ち着きますね

セルロースファイバー断熱と樹脂サッシの組み合わせで

断熱効果も1ランク高いものとなっています

 

LDKに備え付けられた、大工さんお手製のベンチ

ベンチの座板を上げるとその下は収納スペース↓

とことん無垢材にこだわった、自然に優しい内装です

 

トイレには手洗器を装備

写真では分かり辛いですが、二本引戸となっていて

通常よりも大きな入口開口で便利です

 

もう引っ越しも終えられた頃でしょうか

新しい生活が始まる春です

 

担当 : 江畑

トネリコ、その後・・・。

2007年、伊勢崎市にアイスで有名なシャトレーゼの店舗の新築をさせていただきました。

もう7年が経過します。

新築後もリニューアルの工事のお手伝いをさせていただいたりと

毎度お世話になっております。

新築時は厳しい工期でしたが、夏の間にはオープンということで竣工直前の現場は

てんてこ舞い。

そんなあわただしい現場で最後の工事として残っていたのがエントランスの植栽。

やばい。

忘れてたわけじゃないけど建物のほうばかり気を取られ…。

図面に指定されていた樹種はトネリコ。

あちこち聞いたり探したりでどうにか木は見つかった。

こころなしやせ細っているように見えるこのトネリコ。

手に入れたものの若干不安が。

さらに、木を植えるには時期的にも必ずしもいいとは言えない夏の終わり...。

えい、仕方ない。

頼む育ってくれと思いつつ、水道屋さんをつかまえて穴を掘ってもらい一緒に植樹。

それなりの措置をしながら植えてはみたもののはたして無事に育つだろうか…?

そして7年がたった今

おっ。

原口

一部だけ強化ガラスの床

 

前回もご紹介した S さま邸の洗面脱衣室、奥には浴室が見えます
洗面脱衣室

浴室の窓は、「ブラインドインガラス」という、ペアガラスの間にブラインドが入ったもの

採光量が調節でき、全くの目隠し状態にもなる優れものです

見どころがもうひとつ、洗面脱衣室の天井に・・・
洗面脱衣室 天井

天井の一部が強化ガラスとなっていて、その向こうには2階空間が丸見え!

上がどんな状態になっているかというと・・・
ロフト 強化ガラス (3)

寝室とつながっている納戸スペースですが、手前の窓下に当たる部分が強化ガラスです

窓が設置できなかった洗面脱衣室に、なんとか太陽の光を入れたいご要望が形になりました
ロフト 強化ガラス (4)

洗面脱衣室を上から見下ろす、なかなか無いビューですね
ロフト 強化ガラス (2)

当初はトップライト(天窓)から始まったこのアイデア、最終的にはこうなりました

 

まだまだたくさんの見どころがある S さま邸、またご紹介しましょう

 

 

 

担当 : 江畑

 

書斎・・・壁全面の本棚

今日お引渡しのKさま邸、2階の一番奥には書斎があります

他の部屋と比べ、少し落ち着いた色調の床材・壁クロス仕上げ

一定の光量が入ってくる北側の窓は、書斎にはうってつけですね2015-04-02 17.26.08

南側の壁全面には棚受金物を使用した本棚を設置、相当数の本が収納できます

造作カウンターの隅には電源コードを通すための丸い穴が開けてあり

PCやモニターなどをすっきりと設置するのに便利
2015-04-02 17.26.20

カウンター下にはPCキーボード用スライド板を設置
2015-04-02 17.26.48

使わない時にはそのまま格納でき、とっても機能的です

 

 

 

 

担当 : 江畑

アクセントクロス 一例

Sさま邸は、3方向の片流れ屋根を組み合わせたカタチになっています外観屋根の形状で家のイメージは大きく変わりますが、今回はお施主さまのご要望を取り込んで

垢抜けた、とてもスマートな感じに仕上がりました

 

 

 

室内は、壁の一面だけ色柄を変えるアクセントクロスを採用して雰囲気を作っています
リビング キッチンから

リビングは、TV設置面の壁だけをベース色と同系色にしつつ、柄を変えました

主に奥さまが使用される洋室は、アクセントクロスとして花柄を採用
寝室 (3)

照明器具の選定と相まって、可愛らしい空間になっています

ご主人がメインのこちらは、はっきりと色を変えてこんな感じ
寝室 (4)勾配天井の効果もあってか、アクセントとして引き締める効果はバッチリ!

 

 

 

 

担当 : 江畑

 

下屋付きのベランダ

先日お引渡しの済んだOさま邸の屋根には、全面に太陽光発電パネルが載っています外観(南) (2)ベランダはたいてい南側、そして屋根(太陽光圧電パネル)の傾斜も当然南下がり

一般的なベランダの造りだと、大雪の日は屋根からの雪がベランダに落ち、大変なことに・・・2014-02-15 06.24.15

2014-02-15 06.25.32

※写真は、昨年2月の大雪の際に自宅ベランダで撮影したもの

 当時は溜まった雪で窓ガラスが割れないか心配になるほどの量でした

 太陽光パネルは滑りがいいし、雪止金具も使用しにくいのでこうなってしまいます(^^;

 

 

 

 

Oさま邸は北毛地域ということもあり、こういった事態にならないよう

ベランダにもすっぽり屋根を掛けました
ベランダ大雪だけでなく、ちょっとした雨なら洗濯物も干したまま外出できるこのベランダ

日射しが欲しい冬場は、太陽高度も低くなるので室内にもたっぷり取り込めます

 

頭をフル回転させながら、あれこれアイデアを出してます

 

 

 

担当 : 江畑