事例081000

玄関から和室前まで続く内土間は、ご近所さんとのコミュニケーションが取れる場所 玄関の内土間(タイル貼り)がそのまま和室広縁まで続いている一軒

「定番ながら飽きのこない家」を目指し、細部までしっかり造り込みました

南側全面にベランダを配置した、日当たりの良いMさま邸。

玄関を入って最初に気づくのは・・・西側の和室にある広縁まで続くタイル貼りの内土間。ここに腰掛けてくつろぎながらご近所さんと談笑するお施主様の姿が目に浮かぶようです。

リビング階段の袖壁にはガラスブロックをはめ込んであり、短調になりがちな室内のアクセントになっています。
LDK・キッチン

POINT!フローリングをはじめとする明るい色合いが、毎日の生活にもパワーをもたらします

対面カウンターの下を収納スペースにしてあるダイニング。文房具や救急箱など、ちょっとしたものをしまうのに最適な位置・収納力です。

ドアホンモニターと給湯リモコンを配置した壁の下には小さなカウンター板とニッチをそれぞれ設置。
  • ダイニングキッチン(明るい雰囲気)
  • 対面キッチン⇔洗面⇔ユニットバス
  • 階段脇のガラスブロック
  • リビンフ入口・階段
  • リビング階段
  • リビング 棚(Rコーナーが優しい)
和室・床の間

POINT!真壁造りの6畳和室、玄関から続く土間スペースと広縁で繋がります

猫間障子や6寸の床柱(檜)を備えた床の間など、真壁造りのしっかりとした和室です。

玄関から続くタイル貼りの土間スペースは、和室南側の広縁に腰掛けるのにぴったり。ご近所さんとのコミュニケーションを図るのにも最適です。
  • 玄関
  • 広縁(腰掛けてご近所付合い)
  • 広縁(土間・玄関続き)
  • 広縁土間⇔玄関
  • 土間・広縁・和室(明るいFIX窓)
  • 和室(クロス壁)
  • 和室⇔広縁土間