事例000911

ふたり呑みバーのある家 ASKさま邸

ご夫婦でお酒を嗜むための専用バー スペースを設けた家

リビングの外部にタイルデッキ&巻取式オーニング、小上がりの畳コーナー、玄関のシュークローク、2Fの隠れバー、広い階段ホール、ご主人用の板貼りの書斎などなど・・・たくさんのお薦めポイントがある1軒。
対面キッチンの吊戸棚が無いため天井がつながって、LDKが一体に、より一層広く感じるようになっています。
LDK・キッチン

POINT!タイルデッキとオーニングを備えた、カフェのような外観

ダイニング(食堂)を来訪者から直接見えないように配置しながら、畳コーナーと合わせて実際の広さ以上に空間的な拡がりを感じるように設計しました。
リビングの床より200mm上がった畳コーナーは、2本引込戸によって一体としても別空間としても使えます。ちょっとした収納や、床の間のように使える一角を設け、地窓と共に壁クロスをアクセント貼りしてみました。
  • オーニング 日差しに応じて開閉できます。
  • 外観(タイルデッキ)2
  • L-KD
  • K1
  • K-L-和
  • L-K2
その他アイディア

POINT!自宅バーがあったら飲みに出なくなる!?

2Fにある2畳の小部屋は落ち着いたカラーの壁クロスにダウンライト、床は畳敷き!ハイセンスな居酒屋の雰囲気で、夜な夜なご夫婦で杯を傾けていらっしゃることでしょう。「2畳」というと狭い印象ですが、この用途においては最適な空間となっています。
洗濯機スペースの窓上には洗剤や小物置きに便利な飾り棚を設けたり、ベランダの腰壁には通風用の飾り穴を設置、お施主様のご要望にお応えしています。
  • 畳コーナー1
  • バルコニー
  • シュークローク2
  • シュークローク3
  • ホール1