事例001103

理想を目指して、2回目の医院併用住宅 TKKさま邸

コストを抑えながら理想を追求した、医院併用住宅

20年近く前にも思高で医院併用住宅を新築して戴いたTKさま。当時は設計会社の図面を基に施工のみ弊社という形でしたが、デザイン重視の建物では事足らず、新しい土地を購入された今回は思高に設計施工で依頼して戴きました。
1Fは医院(歯科)、2Fが住居の間取りから住器設備のご支給品まで綿密なお打合せを重ねて、中身とコストのバランスが取れた、満足のいく仕上がりとなりました。
LDK・キッチン

POINT!陽射しと開放感を求めた対面カウンター式キッチン

部屋に入ると、まずは丸くくりぬかれた対面カウンターの側板が目に留まります。食事も摂れる、しっかりした造りのカウンターです。
南側に面した大きなFIX窓から陽射しもたっぷり取り込め、あえて吊戸棚を設置しないことでLDKの一体化にも貢献します。キッチンの背面は食品庫。半透明の扉(クローゼット用)を使用することで、費用を抑えながらオシャレな収納になりました。
  • 対面カウンターのあるDK、吊戸棚が無いので開放感たっぷり!
  • 料理をしながらカウンター越しに会話が弾みます
  • 食事も摂れる、奥行きのあるカウンター板
  • 大きなFIX窓で陽射しを取り込みます
  • キッチンの背面にある食品庫 食器や家電も入ります
寝室・子ども部屋

POINT!ベッドの下に学習机、効率的にスペース利用

男の子と女の子の兄妹。今は1部屋ですが、入口ドアを隣り合わせで2つ設置しているので将来は壁を設置して2部屋に区分できます。
大工が作った2つの高脚ベッドはお子さんも大喜び。7.5畳の部屋ですが、区分した後(3.75畳ずつ)でも機能面で問題は全くありません。ベッド上はもちろん、下の学習机にも陽光が降り注ぎます。
  • 大工さんお手製の高脚ベッド(女の子用)
  • はしご
  • はしご
  • 二間続きの子供室(入口ドア2つ)
  • 二間続きの子供室(入口ドア2つ)
  • 大工さんお手製の高脚ベッド(女の子用)