事例111101

太陽光発電3.9Kw、井戸水利用のエコハウス IZHさま邸

ソーラー&井戸水、旧家からの欄間移設・・・お施主さまの優しい気持ちが伝わる家

旧家の解体工事から一切を弊社にお任せ戴いたIZHさま。仮住まいも現場から近く、毎日のように現場に顔を出されて工事の進捗度合いを楽しみにしていらっしゃいました。

白と紺のシンプルな2トーンの外壁、屋根にはシャープ製3.96Kwの太陽光発電パネルが載っています。
和室・床の間

POINT!解体の際、大切に取り置きしていた銘木欄間を新築に移設しました

  • ずっとお施主さま家族を見ていたこの欄間が、新しい家で息を吹き返します
  • 解体した旧家で使われていた銘木の欄間
  • 入口引戸上に、旧家から移設した欄間をはめ込みました
  • 新築で再度存在感を示す、銘木欄間
  • 玄関ホール側から見た化粧欄間
  • 洋室と和室の続き間 間仕切戸を外すと一体化します
LDK・キッチン

POINT!約20畳のLDK、陽当たりと風通しを重んじて理想のカタチに

南側に堀ゴタツ付きの畳コーナー(3畳)を設けたLDK。収納スペースもご要望にあわせてたっぷり取れました。

お持ちの大型液晶テレビは、専用壁付ブラケットを用意してリビングの壁に設置できるよう、配線も考慮しました。録画用デッキなどは壁の下部に扉付スペースへ納めるよう計画、配線を見せずにTVとデッキをつなげるような細工もしてあります。
  • 階段下スペースをうまく使って土間収納と食品庫スペースに
  • 奥さんがよく利用する勝手口は、土間を広く取って泥付野菜なども置けるように考えました
  • 食器棚と冷蔵庫スペースの間には家電収納用の棚を設置、一番下に大きく取った空間はダストBOX用
  • 棚の高さを変えられる金物を使用、収納物に合わせて
  • キッチン背面の食器棚、クローゼット用の引違戸を流用しました
  • 畳コーナーには旧家からのコタツをそのまま移設、堀コタツを造作しました
  • 畳コーナー脇には仏壇スペースと収納を配置
  • LDKの一番南側は畳コーナー、大きなサッシで太陽の恵みを取り込みます
  • 一見すると出窓のようにも見える造りです
  • 大きな窓の上下に収納を造作
  • 東側に大きな窓、明るいLDKです
  • 対面キッチン 吊戸棚をあえて設置せず、LDとの一体感を重視しました
  • 壁付TVの金物を設置、下部にデッキ収納スペース
  • 壁付TV(専用金物を設置した状態)、電源やデッキへの配線も隠れてスッキリ
その他アイディア

POINT!太陽光と井戸水を利用

最近は一般的になってきた太陽光発電、IZHさま邸はそれだけでなく井戸水も利用しています。以前からあった井戸をそのまま利用、ポンプで汲み上げられた井戸水は、①キッチン②洗濯機③1Fトイレ④2Fトイレ⑤外水道の5ヶ所で使用されます。井戸水が枯れてしまった場合も考えて、それぞれ上水道の給水配管もすぐ隣に配管してあります。
  • 屋根材とパネルの間には隙間があり放熱の役目も果たします
  • 南側の2F屋根には太陽光発電パネルを設置、
  • 野菜を洗うので大きめの流し台を選定、上水道と井戸水の2つの蛇口を壁出し設置
  • 壁が奥に下がって下屋がある部分に外水道とエコキュートを設置
  • 2Fトイレ 壁の給水配管が上水・井戸水用で2つあるのが分かるでしょうか
  • 1Fトイレ 背面にはちょっとした小物が置ける棚