生活道路拡幅事業で学ぶ

原則、建築をする際、幅が4m以上ある道路にその敷地が接していないといけないんです。

 

この辺で建築をする際は事前にこんなのを建てますよ、という図面や書類を行政に提出して一定の事項を確認してもらうんです。

これが確認申請。

こんな建物を建てたいので許可してください。じゃなくて確認してねという申請です。

その際に、冒頭の道路のことも報告するんですが、例えばブロック塀などがその4mの中

(道路には両側に敷地があるので、実際にはお互い公平に道路の中心から2m)にブロック塀などがあるとそれを撤去してからじゃないと確認まで進めてもらえない場合もあります。

そんな制度が生活道路拡幅事業。

で、先日。

この、右側に繁茂する植え込みの枝。

この枝、10cmくらいかなぁ、でっぱっちゃってるんです、その2mの範囲に。

そして

切ったのです。

すっきりしました。

原口