茅葺(かやぶき)屋根

最近何度も出てきている水車小屋

屋根は現状、「茅葺(かやぶき)屋根」です

雰囲気は大変良いのですが、やはりメンテナンス性に難があり

この上に金属屋根(ガルバリウム鋼板)を重ね葺きすることになりました

 

大棟に取り付けられていた飾りがあると納まりに無理が出るので

泣く泣く飾りは解体撤去し、野地板が貼れるよう下地を組んでいきます

茅葺きの上に、番線(針金)を糸のように使って横桟を固定していきます

勾配が急ですね、油断していると足が滑って転げ落ちそうです

 

飛騨高山あたりの職人さんはスゴいんだね!と職人さんと共に感心しきりです

 

 

担当 : 江畑