2階に風呂をつくる

風呂をつくる。

と、聞いたら想像するのはユニットバスではなくてタイルとかを床や壁に張って職人さんが造る風呂って感じしません?

今、工事をさせていただいている現場で2階に風呂つくってるんです。

しかも賃貸住宅。

この時代、こりゃかなり冒険的です。

ユニットバスという超安心できる製品がある世の中で、造る風呂を2階に設置するというのはかなり冒険的。

ですが、防水さえしっかりしてあれば問題はない。

が、その防水のために下準備にはかなりの手間と手順を踏まなければならない。

まずは水道屋さん。

水やお湯の配管、そして一番厄介な排水管。

これらは床に穴をあけなければならない。

穴!、ここの防水能力が肝。

下からのぞくと

こんな感じで臭気止め、さらに

意匠的な事情、制約がイロイロあって、外部へ排水するのに一度建物の中に振ります。

・・・冒険的。

この後、まだまだ不安要素を抱えた工事が2~3工程続く...。

原口