界壁

共同住宅のお隣の部屋との境の壁。

完成しちゃうと隠れてしまうので後からでは分かりづらい、天井の中のその部分。

これが界壁。

石膏ボードを上の階の床の下まで貼り伸ばしてあります。2重張りで。

電線がぶら下がるあたりに見える横のラインがほぼ天井の位置。

天井を作っちゃえばその上は天井裏の中。

なので、完成後に上の階の下まで石膏ボードが2重に張られているのを確認するのは大変困難。

こちらは最上階、屋根の下まで貼っている様子。

細かい垂木も切り込んで貼ってある。

部屋の境が一方向だけならば垂木の1本1本まで切り込むことはあまりないのですが、戸境が直交したりするとこんな納めになることも。

かなり手間はかかる。

が、法で決められているので大工さんには手間をかけてもらう。

法では遮音と防火のために必要と定めています。

今年、既存の共同住宅の件で大きく報道されたのはここ。

原口