サイクルポート 1

こんにちは。

S様サイクルポート、
雪害の影響もあり、施工が延びてしまい、やっと工事着手しました。

(土間下地)

今週より工事に入り、土間下地、組立と完成に向け工事中です。
収容台数3台ですが、以外に大きく感じました。

息子さん2人の自転車に屋根が掛かります。
雨の日、荷物の移動が少しでも楽になるといいですね。

担当:なな

続 土壁

先日のブログで50年ほど前の土が姿を現したあの建物、その後どうなったんでしょう

透湿シートが張られています。

これでまたこの土達はしばらくの間、見えないところで時を過ごすことになります。

ところでこの建物、道路側に大きな窓があります。

大きな窓はそのスパンが飛ぶため上にマグサという部材を入れて補強します。

通常真っ直ぐな部材ですがこの建物にはこんなのが入ってました

見えますかぁ

これです。

過去に建物の屋根を支える小屋組みに丸太を使っているのは見かけたことがありますが

マグサにこんなの使ってあるんですねぇ。

上に凸っているこの部材、下に垂れることはまずありません。

これで上からの荷重を支えて下の窓がゆがまないようにしてるんですね。

古いものを見るってのは勉強になりますね。

原口

外壁施工中

施工中のT様邸の外壁工事が先週末から始まりました。

1階部分と2階部分の色を変えて張り分けています。

張り上りが楽しみです。

担当:髙野辺

高崎を行く ベンチ編

またここです。

幼いころ、高崎の小学生は群響を聴きに音楽センターへ行った。(中学?)

座席に座っておとなしくしてはいたものの、集中力などなくキョロキョロしてた。

見るモノもなく、ボケッと眺めた非常口。

外に決まってるのに、あのドアどこへつながってんだろう…?とか思ったりして。

舞台に向かって左の非常口を出るとここ。

そして、この先に互いに意図の異なる2つの大きなベンチがある。(意図の有無は不明)

1つ目は【語るベンチ】

座った者同士が語らいやすいベンチ。

そして、もう1つの【語らずベンチ】

座った者同士は背を向けあい、孤独になれるベンチ。

個人的には【語らず】に座りたい。

さてここでみなさんに質問。

仮に音楽センターで公演中に災害に遭ってしまい、あの非常口を出たとして

あなたが座るのはどちらのベンチ?

その災害の恐怖を人と語らい和らげるか、はたまた一人落ち着きを取り戻すのか…。

私はどっちにも座りませんが。

原口

アルミカーポート新設

高崎駅のすぐそばでカーポートの新設工事

先代のカーポートが雪災で潰れたので、今回は積雪50cm対応品

セメントを現場で練ってコンクリート作り

積雪に耐える要素としてアルミカーポート本体はもちろん、

基礎の仕様・柱の埋込深さも大事なポイントとなります

今回は60cmの深さまで柱を沈めます

3日に納車となったお施主さまの新車も、これで安心して冬を乗り切れますね!

担当 : 江畑

換気扇フード

今日、換気扇フードの交換に行きました。

初めての事だったので交換前の写真を撮り忘れました。

取り外した換気扇フードはコチラ↓

劣化して一部穴が開いていました。

高い場所の取り付け作業のため安全第一に作業をしました。

取り付け後がコチラ↓

新しい換気扇の寸法が既存の枠におさまるか心配でしたが

ぴったりでした。

最後に換気扇フードと枠が接している部分をコーキングして終了です。

けが等せずに交換ができたのでよかったです。

担当:髙野辺

アスファルトシングル

もう少しで外壁貼り工事に入る、今はシルバーの透湿シートが眩しい Tさま邸

Tさま邸の屋根材は「アスファルトシングル」

北米で生まれたこの屋根材は、アスファルトシートの上に石が散りばめられているもので

一枚一枚の色合いが少しずつ異なり、表情豊かな見栄えで軽いことが特長です

瓦・金属葺き・コロニアル・アスファルトシングル・・・屋根材にもたくさんの種類が有り

それぞれ一長一短なので、お施主さまも私たちも選定するのに悩んでしまいますね

とにかく情報収集、たくさんの施工例を持つ私たちプロのアドバイスを参考に、

ご要望に一番近い選択肢を選んで戴けるよう日々勉強していきます!




担当 : 江畑

保存樹木

こんにちは。
20年前に新築させて頂いたお客様宅へ、打合せに行ってきました。

車を停め、立派な門の前に立つと、
門の横に 「保存樹木」 の看板  なんだろう?


(高崎市緑化条例によって、美観上特に優れた樹木や樹林が指定されているもの)


お客様宅は、道路に面している西側と北側に樫の木があります。



高崎市 保存樹木
条件があり、それを満たした樹木・樹林が該当となり、
樹木 276本
生垣 65箇所
樹林 5箇所
保存樹木指定状況(平成25年4月1日現在)です。

補助制度があるようですが、お客様は 「維持は大変だよ」 と。
門を潜り、正面には松と杉。

担当:なな

土壁物語

今月になって古いお店兼ご自宅の外壁改装工事が始まりました。


雨ですね…。何日か前の写真です。

まずはこの外壁の板をはがします。


土壁が見えてきました。もっと近づいてみます。


思ったよりも乾燥していて躯体は健全です。


今日1日で全ての板壁がはがせました。


小舞が見えているところもありました。

竹って50年近く経っても緑色してるんですね。

さて、この後どう変わって行くのでしょうか。おたのしみにっ。

原口

柳沢寺の五重塔

少し前に紹介しました柳沢寺(りゅうたくじ)の続きです。




ライトアップされている写真になります。

平成10年に建立された県内初の五重塔です。

高さは約11m。

京都から専門の宮大工を呼び寄せて

5年かけて建立したそうです。


夜の五重塔も良いですが、

日中や夕方などもぜひ見て欲しいです。



担当:髙野辺