土蔵の解体

現在解体中の土蔵、「なまこ壁」と呼ばれる腰下部分も色褪せて歴史を感じます

本来「なまこ壁」は平瓦を貼った目地に漆喰をなまこ状に盛り上げたものらしいですが

こちらは平瓦の代わりに黒漆喰が塗ってあったようですね

2015-03-06 08.07.43

窓(?)部分も鉄扉で覆われ、耐火性能を重要視した倉庫としての役目を立派に果たしてきました
2015-03-06 08.06.24

外観からは、相当古いながら何度も改修された、歴史ある土蔵なのかと思っていましたが・・・

内部を覗いて「!!」
2015-03-06 08.05.43

ブロック積みで屋根下地もベニヤ板、意外と若い(昭和40年代以降かと思われます)土蔵でした

若いからといって価値が無い訳ではありませんが、ちょっと驚いたのでご紹介 (^^;2015-03-06 08.05.54外観で、特に綺麗な造形だと思った屋根の下部(破風)周りの内側はこんな下地造り・・・

 

 

「化粧」って、大事ですね

 

 

 

担当 : 江畑