すすむすすむりのべり

着々とりのべり進んでいます。

残すは内部の内装や仕上げの工事、そして外部の壁工事です。

IMG_8610

外部はあまり変わっていませんねぇ。

おやっ?

奥の方になにやら箱が出来ていますねぇ。なんでしょう。

IMG_8611

ここは室内と一体で使えるように作ったベランダです。

箱の向こうに見える4枚のアルミサッシが折れ戸になっていて全部をあけるとサッシの間口分が全て開口されます。

なので開け放つと室内とつながった空間の畳1帖分が一体となって使えるようになるんです。

さてこの箱、ベニヤのままではいけません。さっそくお化粧をしてあげましょう。

まずは下地。

IMG_8651左官屋さんがモルタルで下地を作りました。

このまましばらく放置して乾燥させます。

ちなみにこんなふうに水で練ったモルタルを塗って仕上げる壁のことを湿式工法の壁と言い、木を貼ったり最近よくつかわれるサイディングなどを貼った壁を乾式工法の壁って言ったりします。

さてそれでは、仕上げです。IMG_8662

おぉ、きれいに塗りあがりました。

左官屋さんに頼んでやわらかいコテ跡を自然な感じで出してもらいましたが写真ではわかりませんね。

そんな頼み方でどんなふうに仕上がるのか楽しみ(不安?)なところも湿式の面白いところ。

そんな感じで先週はこの辺の工事が進んでいよいよ今週からは内も外も追い込み、仕上げの工事です。

あぁ楽しみ。

原口