蓄電池

太陽光発電システムがようやく一般的になってきた昨今・・・

次の目玉は「蓄電システム」ではないかと言われているようです

 

時折お客さまとの会話でも話題に上がるので、プロとして知識不足を感じていました

 

そこで、Panasonic社の「創蓄連携システム」なる勉強会に出席しましたが

結果から申し上げますと、普及はなかなか難しいようですね無題太陽光発電と蓄電池を組み合わせて、電気代を節約しようという話

深夜電力の安い電気を貯めておいて日中に使い、同時に太陽光で発電した高い電気は売る

理論的には分かるのですが、月々の電気代を数千円安くするために

100万円近くの費用を掛けて、しかもリチウム電池は10年少々で買い替え・・・

 

現実的に数字(費用)を追うと、まだまだ自己満足の域を出ていないと感じました

もちろん、停電時の電気供給が目的であれば意味はあるんですけどね

 

携帯電話でもハイブリッドカーでも、全てにおいていま必要なのは「電池」の性能アップですね

 

何事にも「過渡期」というのはありますから、今後に期待したいところです

 

 

担当 : 江畑