陸屋根 ドレン改修

「陸屋根」とは、「りくやね」「ろくやね」と読み、勾配がほとんど無く

平らになった屋根を言います

 

もちろん、本当に平らでは雨水が溜まってしまうので、ドレン(落とし口)に

向かってわずかながら勾配を付けてあります

 

新築して20年を迎えたお宅で、ドレンの交換を行ないました

ドレンの縁が割れ、FRPの裏側に雨水が浸入してしまう状態・・・

FRP(ガラス繊維を混ぜた強化プラスチック)製の屋根面にあるドレンが割れて

雨水が下に漏れつつある状態でした

 

ドレン周囲のFRP防水を下地ごと撤去し、新たに下地を作って防水処理

 また何十年も持つように、トップコート(上塗り)までしっかり施工ドレンの中までしっかりとFRPが回っているかどうかを確認 雨水がちゃんと流れるよう、ドレン内部で竪(たて)樋としっかり接続されています最後に、この山形キャップ(ストレーナー)をしっかり嵌め込めば

枯葉等のゴミで詰まることが無く安心ですね

 

 

 

担当 : 江畑