花子と行く「でんけん」 11、12

記事としては12件目ですが前回、番外(手抜き)だったので今回で11件目。

なので、今回は数合わせのために2件紹介します。

2件と言ってもお得な隣り合うでんけん長崎山手。

夜間の散策になってしまったので写真がイマイチです。すみません。

ではさっそく1件目。

”港町型”長崎市南山手。

南山手では象徴的なスポットの大浦天主堂と

グラバー園。

共に時間切れで中を見ることは出来ません。

さらに歩を進め、おとなり東山手地区。

同じく”港町型”長崎市東山手。

こちらも象徴的スポットとして

東山手洋風住宅群。

オランダ坂、2つ。

どちらかというと南山手は建物やスポットを見るでんけん。

東山手は建物群などを見ながら散策を楽しむでんけん。といった印象です。

夜の散策もなかなかオツだとしながらもやっぱり明るいときにも見てみたい。

ということで、はじめての日をまたぐ「でんけん」。

翌日・・・・

南山手入口に到着。

さぁ今日はいい写真撮るぞぉ。

しばらくすると、どこからともなくすごい人の波が押し寄せる。

本当に押し寄せる。次から次へと押し寄せる。

なんだこりゃ。

まわりを見渡し、人のでてくる先を突き止めた。

あーあれだ!

当日、マンションみたいな本当にでかい客船が着いたらしく、多数の多国籍の方々が客船からじゃんじゃん溢れ出ている。

目印の旗を先頭にいくつものグループがついていく。ひとグループに100人程度か?限りなく続くグループの数々...。

あるグループは料理店に、あるグループは土産物店に、そしてまたあるグループは路上で小休止、しかもあちらこちらで...、などなど。街は飽和状態。

犬なんか連れてのんびり歩ける状況ではないぞ。

しかもあの特徴的な長崎の坂、あふれる人々の間を縫うように歩きながら写真なんか撮ってなんかいられるものか!

・・・・・・。

それでも唯一撮れたのは多国籍に方々がスルーする土産店、べっ甲屋さんの店先での1枚。

なにが珍しいのか写真撮られまくった犬。

あ、もう1枚あった。

グラバー園入口を通過すると団体様はグラバーさんに吸収されたのか、やっと閑散。

建ったままが残っている感じのステキな「でんけん」2件でした。

原口