階段がきた

現在工事中のAさま邸。

室内の階段は各現場に合わせて階段メーカーが事前に加工してくるものを使用することが多いのですが、今回はAさまが探してきてくださったメーカーを採用することになりました。

少し形状が特殊な階段なのでメーカーの担当者と現場で打合せをしてはいても現場で組まれるまでは不安です。

さて、特殊ゆえ通常よりも加工に時間がかかりましたがやっと納品されました。

階段の段板を支えるための部材が両側に仮設置されました。

右の壁側と左側で納めが違います。

左側は壁などがなく、開放されているので途中に支えがありません。

右壁側の通常の部材に比べ、左の部材にはかなり厚みが必要になります。

まだまだ安心とまではいきませんが、とりあえず不安の一つが解消された状態です。ここまでが昨日。

 

そして今日...。

さっき見てきました。

おっ

うまく納まったようです。

事前に加工するプレカットとはいえ、納めるのはなかなか難しいんです。

原口