プレカット

前回、階段はプレカットされて現場に納品される話をしました。

通常、木造の住宅でプレカットというと上棟の時に納品される構造材を工場で事前に加工してくることを言いますが、昔(今でもやってる)は大工さんが自分の加工場で時間をかけて刻んでいたんです。

手加工ですキザミって言います。

ただ、効率・精度・品質などから今は構造材のほとんどがプレカットになっています。

そして、ついこの間、他社さんの現場の手前で待機しているこんなトラックを見かけました。

材の種類、形はバラバラです。

よく見ると

先端のとがった部材が見えます。

これはスジカイですね。

以前、あるホラ好きの大工さんが「今は現場でノコなんか使わなくったって家が出来ちゃうんだい」なんて言ってましたが、ホントにそんな時代のようです。

どうなんですかねぇ?

現場で出るごみは少なくなるし、効率的だし、腕のない大工でも家が出来ちゃうからいいのかもしれないですけど。

現場の管理も楽になるし、工期は短い、現場はキレイ。

なんか考えれば考えるほど理想的なことばかり。

どうなんですかねぇ?

原口