ビル改装、天井裏

思高建設としては珍しく、鉄骨造のビル内部改装の仕事を請け負いました

照明器具の配置も変えるので、天井のボードを一旦解体

「軽天(けいてん)」と呼ばれる鋼製の下地が現れました

天井裏スペースには、電気配線や空調ダクトなどが這っています

築30年近く経っているので、躯体が傷んでいないかもチェック

 

上の階の水回り(給湯室やトイレなど)の直下はこのようになっています

約30年ぶりに日の目を見ていますが、もうすぐボードで塞がれる運命

 

木造住宅と違い、一つ一つが新鮮です

 

担当 : 江畑