中でブロック

通常、外で見ることの多いブロック。

こちらの現場では建物の中に置いてあります。

 

一段上がった床の上。

なかなか雰囲気のある室内ですが、壁や天井はこれで仕上がっているのでしょうか。

そしてこのブロック。

上を見ればレンジフード が付いているのでもうお分かりでしょうが、

あえて、

さて、このブロック、室内でどのような活躍をするのでしょうか?

また来週。

原口

 

板金屋根 改修工事

「街の電気屋さん」からの紹介を受けて、

築50数年の平屋の板金屋根改修工事を行なっています

 

平屋の屋上に設置されたスチール製ベランダ

最近はここへの上り下りも億劫になってきたということで

まずはこれを、解体撤去処分しました

ほらこのとおり、スッキリしましたね

ベランダの下になっていた既存の板金屋根の表面

長年の風雨に耐えてきたトタン屋根は、ところどころサビサビ…

この上にベニヤを敷き詰め、ルーフィングと呼ばれる第一防水層を造り

そこへ新たな板金屋根を葺いていきます

既存のトタンとは違い、ガルバリウム(GL)鋼板を使用します

縦の一枚一枚同士がしっかりと噛み合っています

屋根の一番高いところ、「大棟(おおむね)」部分の納めです

このあと、大棟に専用加工された幅広い板金を被せて終了!

 

屋根がしっかり造り直されたことで建物の寿命が延び、

今週末の台風にも安心!…となる工事のご紹介でした

 

担当 : 江畑

換気口付フード

こんにちは。

 

工事中に注文する商品は現場ごとに色々ありますが、

その中の1つが 「換気口付フード」 です。

 

 

今日は現場で個数を調べていたので、ちょうどブログに。

 

建物の見ると壁のあちらこちらにあります。

換気口付フードは室内 換気扇からダクトで天井裏を通したり、

壁付の換気扇から屋外へ排出している一番外側にあるものです。

 

建物により、色や形、用途が異なる場合もあります。

そして、箇所により大きさも異なります。

 

みなさんのご自宅にはいくつあるでしょうか?

 

担当:なな

 

改修工事

改修工事が始まりました。

全部で2部屋分行います。

 

まず1つ目の部屋は、
既存の床の上に新しい床をはります。

1つ目の部屋の作業は2日で終了しまいた。

カップ間違えた!

こんにちは。

 

マフィンを作ったけど、形がへん!

使うカップを間違えたかも。

 

カップが大きくて、

予定より数が少なかったので慌てて作り足し。

作る過程は色々考えて、あ~してこ~して、そして出来上がりは満足。

 

形より大事なもの・・・  美味しかった。

担当:なな

 

あわやコキボちゃん

高崎市で住宅の新築のご依頼をいただきました。

現在着工5日目。

どちらかというと敷地はコンパクト。

建物もそれほど大きいというわけではありませんが、ある事情があって屋根が大きいんです。

建物の詳細は追ってご報告します。

さて、この敷地。

実はコキボちゃんの第1号候補だったんです。

ああ、コキボちゃんて何だ!?って方、スミマセン。

思高が初めて手掛けるリノベ物件。今現在かなりゆっくり進行中。

そのコキボちゃんに行き着く前に、こちらの敷地に建つ古屋を物色していましたが、その際は縁が無く...。

と、思っていたら後日、更地にしてこちらを購入された方から新築のご依頼がありました。

縁ですねぇ~。

原口

組み合わせ

世の中には色々な組み合わせがあります。

納得する組み合わせもあれば、

中には「なぜ?」と思ってしまうものもあります。

今回は、街中で見つけた写真を紹介します。

フィットネスジムとステーキ屋さんの

組み合わせです。

 

痩せたい人には酷な組み合わせですね。

 

 

 

 

 

 

うなされて枕棚

先日深夜、ぼくは、夢の中でうなされていました。

ある改修中の工事現場。

なかなか大工さんがつかまらなくてやっと明日来てくれることになった日の前の晩。

思い出しちゃったんです、しかも夢の中で。

依頼した仕事の他に、もう一つ言い忘れていた仕事があった事を。

それが枕棚。

アパート4室なので一つ言い忘れたと言っても4ヶ所。

その前に依頼した仕事で一杯かと思ってたところそんなの思い出しちゃったので、こりゃ終わらないんじゃないかとうなされたのです。

夢なのに、その不安はさらに進行して、現場にある材じゃ長さが足りないことも判明。

しかも致命的なのは納め。鉄筋コンクリートの建物なので、いつも頼みにしている木の下地がいない。

さらにコンクリートの上に丸く丸めた団子みたいなボンドで壁材をくっつける工法なので壁の裏がスカスカ。

もう、目が覚めてるのか夢なのか訳わかりません。

が、閃いたんです、夢の中で。

このクローゼットの中の両脇と、真ん中に壁を立てよう。

そしてその手前と奥に木を渡して、その上に板を乗せ固定しよう、その方法なら現場の材を継ぎ足すことができる!と。

両脇はボンドで壁に固定し、真ん中のは床に、そして、その各壁の頭を棒で固めればしっかりするぞ!

と、いう事でそのまま眠れず…翌朝。

ま、この手の深夜のひらめきは中学生くらいの頃からあって、だいたい翌日の朝、見事に打ち砕かれてきました。

今回もそのパターンか…

と、思いきや、ぼくも少し大人になったのか、それとも大工さんの腕なのか、

ま、大工さんの腕なんですけど、

ドリームカムトゥルーです。

原口

キッチン…人工大理石カウンター

先日、キッチンの排水が詰まった方から連絡を受け、行ってきました

 

弊社施工のお宅ではなかったのですが、

こういう時に思い出して声を掛けてもらえるのは嬉しいですね

職人さんに、システムキッチンと家側の配管を外してもらい

詰まりを溶かす薬剤&ワイヤーでつつく物理的対応で無事終わりました

 

TOTOの人工大理石カウンタートップでしたが気になる点が…

築10年程度のお宅ですが、全体的に天板が黒ずんでいて

小傷や割れも所々に見えます

 

ステンレス天板よりもインテリアにマッチする人工大理石天板は

やはり人気があります

 

技術がどんどん進歩している昨今…こういった黒ずみや小傷が

目立たない製品が早く出てくるといいんですがね~

 

担当 : 江畑

はなに合う家

こんにちは。

今日は涼しいより、少し寒いですね。

この気候で体調を崩さないよう、気をつけてください。

 

 

↑ オカメインコのはな

近くに人がいると餌を食べたり、カゴの中を歩き回っているのに

人が見えなくなると ピーピーと外まで聞こえる声で鳴きます。

そんな姿も可愛いですよ。

しかし、鳥は苦手で触れません。

 

はなの家であるカゴは成長とともに小さくなりました。

1度は買い替えたようですが、

ちょうど良い大きさがないようで回転したら、尾がぶつかっています。

はなの大きさに合う家があったらいいな。

 

担当:なな