サザンカを守れ・・・01

数年前に土留めの工事をさせていただいた畑。

道路際にサザンカを15本植えられたそうです。

でも今残るのは7本。

8本は植えて間もなく姿を消した。

ということで、土留めに沿って道路側に木の杭を打ってロープを張ってサザンカを守る。というオーダー。

さて、

この土留めは土の中で敷地側に30cm程度コンクリートのベースが入り込んでいます。

ということは木の杭をある程度の深さで打ち込むには土留めから30cm以上離さなければならない。

畑の有効利用を考えれば当たり前ですが、当然×。

また、オーナーさんこの土留めを大変お気に召していただいていてコンクリートを削るようなことはしたくないとのことで、立上りのコンクリートに穴をあけて杭代わりの柱を立てるのも×。

さて、どうしましょう・・・・。

原口