きっかけ工事

以前、解体工事をさせていただいた現場。

その現場のお隣にお住いの方から外構工事のご依頼をいただきました。

きっと解体工事中は、多少なりともご迷惑をおかけしたであろうに誠にありがたいことです。

さて、

ご依頼いただいた外構工事の内容とは、敷地が大きな通りに面しているため車道を走る車からの視線を遮る目隠しをお隣との境界付近に設置。

そして、視線の影響がない部分は網状のグリッドフェンスとそれを支える擁壁。

まず、目隠しの工事に着手。

2m程度の間隔で柱を建てます。

目隠しの高さが高いためかなり深めで大きな基礎です。

既存のコンクリートを活かしつつコンクリートを打つことにしました。

柱が建てばあとはスクリーン状のフェンスを取り付けるだけ。

目隠しだけど風通しの良いスクリーンです。

さて、以上の写真でもわかるように、境界付近での工事には隣地所有者の方のご理解とご協力が欠かせません。

今回のご隣地さん、いわゆる以前の解体工事のご依頼主様。には、外構のお仕事をいただくきっかけをくださったことにも感謝ですが、このように工事中におかけする迷惑へのご理解やご協力にも大感謝!です。

原口