耐震リノベ

の工事を請け負わせていただきました。

何度か紹介した物件ですが、かなり大掛かりなリノベです。

進捗は躯体を残した解体工事が完了し一区切り。

耐震診断から始まり、耐震の補強設計を行い工事に着手しました。

今回の物件は高崎市ですが

耐震診断に最大5万円。

補強設計にかかる費用に最大10万円。

上記をもとに行う耐震改修工事に最大140万円。

屋根の軽量化に最大100万円。

全て併用した場合、高崎市だけで255万円もの補助金が出るんです。

さらに、今回は断熱の改修工事も併せて行うため国からも補助金を受けることができます。

これは最大120万円。

断熱材やサッシに仕様規定があります。

今回の物件では諸条件や規模、範囲などで全てにおいて最大ではありませんがかなり大きな金額が補助金として受け取ることができます。

ただし!

耐震には一定時期以前の新築など諸条件もあり、計算や仕様をクリアしたものでなければならない。

耐震・断熱、ともに厳しい審査の元、補助金の交付決定がなされます。

完成時も工事中の報告が義務付け。

この段階で撮った写真は200枚越え、かなり面倒。

ちなみに、国でも耐震の補助金がありますが市の補助を受けた場合、それは受けられない。

他の補助金も同じですが、同一内容の補助金は重複して受けることは基本的にできません。

新築のみならず、リフォームでも多くの補助金があるので調べるか問い合わせるかお気軽にどうぞ。

原口