生コンを打つポンプ車のこと

先日来お伝えしているリノベーションの現場。

基礎の補強コンクリートを打ちました。

こんな風に生コン車からポンプ車を経由してホースで打設します。

今回は柱や梁を残してのリノベなのでこの打設位置によりホースのやりくりが大変。

場所に応じた適切な位置で梁の間にホースをおろします。

ホースから生コンがこぼれないように先端をロープで縛って上げ下げ。

ところで、

この生コンですが、注文した量がすべて使い切ればよいのですが、通常余ります。

当然、このホースの中にも残っちゃいます。

昔はこの余剰生コン、いろいろな形で処理していました。(!?)

が、

最近は

生コン車に返します。

返品です。返金はない。

で、ホースの中の生コンを出し切るには、これ

使うんです。

生コンを送り出した後、このスポンジをホースに通すと

ホース内の洗浄もしつつ、スポんと出てきて先端に取り付けたの網に確保され、生コン返品終了。

返金はない。

原口