2階風呂の件

先日ご報告した2階風呂、仕上がりました。

防水工事のあと、まず、タイル屋さんに床の下地を作ってもらいます。

こんな感じで床に張るタイルのための下地モルタルです。

次に大工さんに壁風呂用パネルを張ってもらいます。この順、大事。

そしていよいよ浴槽の設置。

浴槽には給湯用の金具をつけるため、ガス屋さんにも協力してもらいます。

そして浴槽からちゃんと排水できるように防水層の穴に浴槽からの排水を差し込むのですが、これが緊張の瞬間。

ちゃんと予定通り位置が合うのか・・・?果たして。

合いました。

で、この後タイル屋さんの仕上げに入っていきます。

これ、浴槽廻りのタイルってどうやって貼ると思います?

一般的にはブロックを積んで下地作ったりするんですが、オモダカ在来風呂は違うんです。

ここ、あまり教えたくないので企業秘密。

で、

完成。

床と浴槽エプロンのタイル600角、すごい。

今回の新築工事全体で最も大変だったこの風呂。

この風呂つくるための工程を振り返ります。

・まず大工さん、浴室の構造部を作ります

・設備屋さん、給排水の逃げ

・電気屋さん照明・換気扇の逃げ

・ガス屋さん浴槽への給湯配管・リモコン配線

・サッシ屋さん特注サッシの制作

・大工さんサッシ取付・床下地の下地と壁の下地貼り

・防水屋さん床→壁の順で防水工事

・タイル屋さん床下地

・大工さん壁パネル⇒天井パネル

・ガス屋さん浴槽に穴あけ・金具セット

・タイル屋さん浴槽セット

・タイル屋さん仕上

・設備屋さん器具付け

・ガス屋さんリモコン取付

・電気屋さん器具付け

・コーキング屋さんシール

以上

ね。

原口