リノベ・続き

リノベ、着々と進んでいます。

サッシも入っていよいよ・ハコ・の雰囲気が出てきました。

サッシは樹脂製。これも断熱性能を求めての選択。

今回は冬温かい家。も、大きなテーマの一つ。

断熱性能を高めて室内を温めれば効率よく温かい冬を過ごすことができる。

で、今回は温める手段として

床暖房を採用。

年明けの引渡し予定、今回の冬から床暖のぬくもり。

原口

消防設備 感知器の不良

こんにちは。

F様アパートには自動火災報知設備が設置されています。

 

今回、消防設備点検で

各お部屋の感知器・受信機の点検、消火器の取替えをさせていただきました。

F様アパートは当社で新築させていただいて、30年近くが経過する建物です。

 

新築当時のままの受信機

今回はあるお部屋で器具の不良あり

感知器が点滅してしまい、消防車が出動となってしまいました。

お部屋にお住まいの方とお話をすると、

感知して点滅していることも気付かれなかったそうです。

 

不良部分の感知器を取替えて完了となります。

 

乾燥する時期になりました。

皆さんも十分気を付けて下さい。

担当:なな

 

完成報告

途中とほぼ完成状態の報告をさせていただいた造作風呂2階版。

完成したので再度、見てください。

「洗面所から浴室」の、写真。

床・壁・天井、全てにチリを設けず納めた開口部。

新たな試みによって完成した造作の洗面化粧台。

大きな鏡扉の収納はホテル仕様。

写真を見るだけで大変な工事だったことを思い出す浴槽廻り。

以上、「大変だった風呂」完成報告。

原口

排水の詰まり解消!

園児が楽しみにしている給食を毎日のように作っている厨房で

排水の流れが悪くなったので、見て欲しいとの依頼を請けました

 

土間に埋め込まれた排水管の中に何か詰まっているようだ…との情報は

聞いていたのですが、確認のしようがありませんでした

 

そこで!

じゃーん、ファイバースコープ~!

アタッチメントの付け替えで、1mから10数mまで伸ばせます

今回は1m程度の短いタイプで十分…自分の顔を映してみました

(写真にはうまく撮れてませんが)

 

早速排水口から中へ挿し込んでいくと…

写真ではお出しできませんが、小さなフォークと箸が出てきました

 

うまく掴む工具を使って、摘出!

これにて一件落着!

 

担当 : 江畑

続・リノベ

前回は基礎の補強の報告でした。

今回は上物。

耐震補強。

何回も言っている通り今回の改修の最も大きな目的は耐震と断熱。

間取り的に多くの壁が配置できそうなのでスジカイでも合板でもどっちでもうまく配置できそう。

と、いうことで断熱材の入れやすさを考え、パネルでの耐震補強を選択したのでした。

原口

古井戸閉鎖のお祓い

家の裏にある古井戸、ずっと蓋をして放っておいたそうですが

万が一蓋が外れて誰か落ちたり、内壁が崩れたりするのも怖いので

埋める工事を請け負うことになりました

 

井戸は特に…しっかりお祓いをして、神様に天へお帰り戴きます

お施主さまが小さい頃は、この井戸から水を汲んで

釜戸の脇に置いてあった大きな瓶に移しておくのが仕事だったそうです

 

宮司さんから「鎮め物」を受け取り、来週丁寧に工事を進めます

 

担当 : 江畑

厚い書類にはこれ

こんにちは。

 

私が良く使用する事務機器、それがこの穴あけです。

数枚の用紙であれば、事務作業で使われる穴あけパンチを使用しますが、

これ取扱説明書など厚い書類に穴をあけたい!という時に使います。

 

この黒い部分を回して、穴をあけますが、

厚い書類の時、書類に隙間がなくなり動かなくなることもあり大変な思いもします。

 

ずっと事務所にあるので、きっと随分前の事務機器ですね。

まだまだ動きますよ。

 

担当:なな

 

便フタが自動で開かない

こんにちは。

 

設備機器の取扱説明書を整理していて、こんな資料を見つけました。

フルオート便座機能付きトイレを使用しているお客様もいらっしゃいますが

使用にはご注意ください。

(LIXIL トイレより)

 

担当:なな

 

本当に本当に

こんにちは。

 

今年もこの時期が来ました!

そう、カレンダーです。

本当に本当に1年早いですね~

毎年がさばらないよう丸めてお渡ししていますので

年々、その作業も早くなっています。

 

担当:なな

 

着工

こんな素敵なロケーション

の現場が着工しました。

用途は店舗。

今月20日過ぎに上棟して来年3月頃までのに竣工予定です。

原口