既存水栓の寸法から

こんにちは。

住宅を新築させていただいて15年経過したお客様より、

キッチン水栓本体、ハンドル部分の根本から水漏れしているので

見て欲しいと連絡がありました。

 

設備業者さんに現調してもらうと

内部の経年劣化ということで水栓を交換することになりました。

 

交換する時に、お客様が採用した水栓金具を調べ、

品番から既存水栓の取付穴寸法と本体から吐水口までの寸法を調べます。

【既存水栓】取付穴寸法 Φ35~40、吐水口までの寸法 230mm

 

そのため仕様を含め、エコハンドルの水栓を提案させていただきました。

【新規水栓】取付穴寸法 Φ37、吐水口までの寸法 237mm

この寸法であれば既存に合います。

 

お客様の予定をお聞きして交換の作業となります。

担当:なな

 

増築カッター

道路工事でアスファルトを切ってるの見たことあります?

カリィー・シャーとか言いながら大きなノコがまわってグイーンと道路を切っていくあれ。

あんな大きなのが回ってるの、見てるだけでも怖い。

木造の建築ではあまり機会がありませんが、先日から始まった増築工事でアスファルトを切ることになりました。

この門型の一部を室内にするため、コンクリートの基礎が必要になりました。

駐車場が連続しているためアスファルトが敷いてあります。

それをカットします。

長い距離ではないので丸鋸程度の大きさの機械で切っています。

よく見ると機械の前後に水が染み出ています。

これはカットした粉塵が飛び散らないための工夫です。

機械から黒い電源コードと白いパイプがでていますが、その白いパイプの先には

水を湛えたタンク。

粉塵・埃がたたないように、ここから水を供給する仕組み。

切るだけでなくて、その過程の出来事にも気を配る。

職人さんの真似事はちょくちょくしますが、この辺が我々素人と職人さんの大きな違い!

原口

 

アルミサッシ

お客様より雨の日でも
洗濯物が干せるように
アルミのサッシで
洗濯スペースを作ってほしいと
依頼がありました

最初からその場所にあったかように
施工してほしいとのことでした

リノベ始めました。 ⑦

コキボちゃん、間取りがなんとなく決まりました。

1階はこんな感じで

2階はこんなです。

ぼちぼち始めていきます。

原口

 

防露便器

またまたトイレのおはなし…

 

先日、便器の取替工事に立ち会った時に撮った写真

白い発泡スチロールが見えますが、何だか分かりますか?

ちょっと離れてみると…

分かるかなぁ…

 

もっと離れてみましょう

分かりました?

そう、正解は「トイレ便器をひっくり返して撮った写真」!

 

いつも便器に貯めておく水で、便器の裏側が結露してしまうのを

白い発泡スチロールが「防露材」となって防いでいるんです

夏場なんて、意外と馬鹿にできない量の結露が発生します

 

弊社で現在採用しているトイレは、全てこの「防露タイプ」

もしもこの発泡スチロールが無かったら…

※写真:㈱三英商会

便器と接している床の部分が黒ずんでいますね

 

便器を取り外してみると

※写真:㈱三英商会

こんなふうになっているお宅によく遭遇します

ちょっと前までは、防露材が無い便器が多かったのです

 

パッと見て、「あ、いつもこぼしちゃってるんだな」と思われがちですが

実はそうじゃないことを、全国のお父さんを代弁してお伝えします!

 

担当 : 江畑

 

 

 

庭灯交換で安心

こんにちは。

 

自宅庭に1灯のガーデンライトがあり

しかし最近、点いたり消えたり、

消えてしまうと真っ暗になってしまうので交換することしました。

 

和風タイプの庭灯、

いくつかのデザインがあるかと思っていたのですが、

カタログから探し出したのがこの器具のみ。

 

交換工事完了。

点いたり、消えたりすることもなく、防犯灯でもあるのでこれからは安心です。

 

みなさんのお宅の器具は大丈夫ですか。

 

担当:なな

 

解体工事04

瓦の撤去が終ると
重機で母屋の解体をします

その時に水を撒き
埃などが飛ばないようにします

この段階までくると
作業のスピードも上がります

解体工事無事終了しました

敷地内 漏水修理

こんにちは。

 

先日、近くの方より漏水修理ご依頼の連絡がありました。

 

漏水となると状況により、大至急となる場合もあります。

お客様に状況をお聞きすると敷地内で漏水、

箇所も特定できるとのことでした。

 

設備業者に連絡をするも

今日はもう現場に出てしまい、行けない・・・

 

行けない。

 

そう事務所でやり取りをしていると

当社現場でトイレの取替えをしていて、工事が終われば行けると!

えっ!本当。

何回も同じ状況を経験してもこういう時はホッとします。

その後、お客様宅に訪問して、その日のうちに修理完了。

そして漏水の為「水道料金及び下水道使用料減免申請」の手続きに入りました。

 

手続きまで終わって完了ですね。

 

(和室 打合せスペース)

 

担当:なな

 

佐渡別件

花子とデンケンでご紹介した佐渡

今回はもう一つの佐渡、金山の町の報告です。

が、その前に

町へ行く手前

こんな遺構があります。

まるでコロッセオのようなこれ、シックナー。鉱物と水を分離させるための施設。

など、この遺構群は「北沢浮遊選鉱場跡」で検索してください。

では町へ。

町の入口、高台から望む海。

相川町、佐渡の奉行所跡なんかも近くにあって昔の佐渡の中心的な町。

鉱山に従事した職工の町。

この町、今はあたしンちともう一軒と2軒しか住んでないのよ、と近所のおばあちゃんが教えてくれました…が

たぶん、もう少し住んでます。

行き交う人々は少なめでしたが、この後の花子、観光のじいちゃんばあちゃん集団に吸収されます。

原口

解体工事03

道路と隣接しているブロック塀を撤去し
重機の出入りをしやすくします

瓦を撤去するために
コンテナを積んだトラックを
建物の近くに停めます

埃などが飛ばないように
さらに養生をします