朝の過ごし方

こんにちは。

もう11月です。

社内を見渡すとこのカレンダーが目に入りました。

(一般社団法人 倫理研究所 倫理法人会 カレンダーより)

みなさんの朝はどうですか。

徐々に寒くなってきているので、もう少しもう少し・・分かります。

 

「立上がりが上手くいくと」

言葉には出しませんが、ヨイショっとなんて駄目ですね。

スッと立ち上がれるといいですね。

 

是非、明日から心掛けましょう!

 

担当:なな

 

お部屋のアクセント

こんにちは。

 

高崎市 K様賃貸住宅

内装仕上げ 壁紙・床材には基本となる白色クロスに加え

お部屋のアクセントには様々な色柄をお選びいただきました。

 

壁には白色クロス

 ルノン RM548

 

各室のアクセントとして

  (左)サンゲツ RE8048 (右)サンゲツ RE7899

 

  (左)サンゲツ FE6133 (右)サンゲツ SP9561

 

   (左)リリカラ LL5300 (右)サンゲツ FE6447

 

床材にはフロアタイル

 サンゲツ IS774

などをお選びいただきました。

各室の完成が楽しみです。

 

担当:なな

 

ひと安心

こんにちは。

 

高崎市 Y様邸

網戸の張替え、フェンスの設置まで終了。

明日、襖・障子の搬入で完了となります。

 

既存のブロックにフェンスを設置、

敷地内からポストから郵便物の取り出ししたいというお客様のご要望があり

車で走っているとブロックの部分にポストを埋め込まれていることも多いですが、

Y様邸のブロックは開口できないタイプのもののため

今回はブロックとフェンスの間に柱を立て、ポストを設置することにしました。

 

これは職人さんの案です。

 

郵便物の取り出しやすくなり、

フェンスも設置されたので安心ですね。

 

あとは明日。

担当:なな

 

トビラの

高さ

が、

高いでしょ。

 

天井までの背の高い扉。

その名も”ノッポ”そのまんま。です。

原口

キッチンユニット 底板重ね貼り

給湯配管から水漏れしてしまい、キッチンユニットの底板がグズグズに…

ユニット自体の交換も考えましたが、底板が傷んでいるだけなので

ベニヤ+化粧ボード重ね貼りの提案が通って施工してきました

 

まずは施工前の状態、真ん中奥が凹んでたわんでしまっています

電気温水器が設置されているので、その重さも考慮しなければなりません

 

詳細に寸法を測り、大工さんが加工していきます

狭い+暗い場所なので、照明を点けながら四苦八苦

最終的に、既存よりもツルツルピカピカの仕上がりになりました!

 

担当 : 江畑

続・リノベ

お話ししたように今回のリノベは断熱と耐震補強に重点を置いています。

ここまでは耐震補強の工事を一部行っています。

それが

ここ、そうです基礎。

当時の施工では土に束石(またはコンクリート)でしたが、ここを補強します。

ベースのコンクリートを打って

立上りも

打設することで既存の無筋コンクリートの補強を行いました。

これが耐震補強の一部の工事。

上物だけの耐震補強が大半ですが、基礎をここまでするとなお安心。

ではまた次回。

原口

木目のコンクリート

先日、街中で見掛けたコンクリート打ちっ放しの壁

型枠に無垢の杉板(おそらく)を使用することは珍しくありませんが

ここまで木目がハッキリと出せているのを、私は初めて見ました

 

浮造り(うづくり)加工で木目の凹凸を強調した板を使ったのでしょうか

いずれにしても、無機質なコンクリートの木目模様が何とも良い雰囲気です

 

担当 : 江畑

冬季は上から下へ

こんにちは。

 

事務所で仕事をしていて、なんだか寒い。

頭上にはシーリングファンがくるくる回っています。

 

夏季は下から上へ

冬季は上から下へ

 

そう。夏季のままでした。

 

シーリングファンで風向きが変更できる商品をお使いの方

寒くなりましたので、風向きを変えてみてください。

お部屋の中が暖かく感じます。

 

担当:なな

 

続リノベ

先日は1階の梁桁上に部材を流したところまで報告しました。

お察しの通り、屋根材を受ける下地です。

流した材はもともとある1階梁桁と金物で緊結し一体化します。

そして、この上に

母屋を受ける束を立て、そのあとはいつもの新築工事と同様。

既存を利用するので必ず生じる誤差の影響を極力減らすためスパンを飛ばしたので垂木は9cm。

ここまでくれば既存の歪みなどによる影響がある程度想像できるので垂木が乗りきったところでとりあえず、ひと安心。

ではまた次回。

原口

思高さんなら

こんにちは。

 

U様より

敷地内にある古井戸を埋めたいと連絡がありました。

ただ埋めるだけではなく、息抜き・・・と聞いたことがあり

職人さんに尋ねてみると説明してくれました。

 

現調に行ってもらいますが、建築の仕事ってこういったこともするんですね。

そう思われる方々も多いのではないでしょうか。

U様からも、思高さんならと連絡をいただきました。

嬉しいですね。

 

担当:なな