もうすぐ11月 障子の張替

こんにちは。

朝晩は涼しくなりましたね。

 

K様より、

住宅新築から数年が経ち

和室 障子の張り替えのご依頼がありました。

 

朝、職人さんが障子4本を引取りに伺い

翌日の夕方に張り替えた障子を搬入し、完了となりました。

引取りから搬入までは本数により、対応させていただいております。

 

もうすぐ11月。

年末に向けて、早めの準備ですね!

 

担当:なな

 

腕が鳴りそう

な、ヘリンボーン。

大工さんの腕の見せ所。

細かい板材を組み合わせて張るヘリンボーン。

我が社の大工さんの仕事ですから心配にはおよびませんが、この納めがなかなか...。

床材2種と取り合ったり、かまちが斜めだったり。

斜めに張る床が斜めのかまちと取り合うとどうなるんでしょうか。

そして、数量。想定して拾った坪数で足りるんでしょうか?

明日あたりから張り始めます。

原口

 

気密検査02

気密検査、「C値」1.0cm2/m2以下を目指しました。

測定結果は…

0.34cm2/m2でした。

目標よりも高い気密性を確保することが
できました。

これも工事に携わっている職人さん達のおかげです。
皆様ありがとうございました。

逃げ

壁際にピクチャーレールの設置を予定しています。

形状は天井埋め込み型、すっきりと納めようとしています。

壁ギワに...

このピクチャーレールを設置する現場、室内の壁の仕上げが塗りモノなんです。

通常の壁の仕上げよりも少し厚みがあるんです。

なので、このピクチャーを吊る金物

このままでは壁を塗りモノで仕上げるとぶつかっちゃいます。

そこで、レールを壁から少し離してもらいました。

このスキマが・逃げ・です。

このように日々、現場ではアトの工程や完成した状態を想定しながら常に考え事をしているんです。深夜2時夢の中でも…。

大変なんです…。

なにげにスゴイでしょ…。

なんて、

指摘してくれたのは大工さんなんですけどね...。

 

原口

生コン運び

一段上がった敷地へ上がれるようスロープを造成中

先立ってコンクリート擁壁を設置する必要があり、生コン車を手配

 

生コン車から生コンをユンボのバケットへ

ザザーっと、バケットが一杯になるまで受け止めると

キュルキュルとキャタピラを鳴らしながら打設ポイントへ移動

ザザーっと流し込んだらまた生コン車の元へ…

 

ユンボって、穴を掘るだけでなく、いろんな使い道があるんですね

 

 

担当 : 江畑

写真を元に その後

こんにちは。

 

K様 洗浄便座

便座内部の部品は、やはりメーカー修理対応でした。

 

お客様には、

メーカーへの修理はいつでも手配できるので

水漏れの様子をみて連絡をくださいとお預かりしていた部品をお返ししました。

 

 

部品として、取寄せできるものとできないもの。

その境目は??

 

担当:なな

 

気密検査

先日初めて気密検査に立ち会いました。

「C値」の測定をします。
「C値」とは延床面積あたりの隙間の面積の割合です。
数値が小さければ小さいほど隙間が少なく、気密性が高いことになります。

今回は1.0cm2/m2 以下を目指していました。

窓の部分に機械を取り付け、測定します。

測定結果は…

写真を元に

こんにちは。

 

赤丸部分より、水漏れをしているので部品の取寄せが可能かと

K様よりお預かりしたこの部品は、洗浄便座内の部品です。

 

先日もK様より、他のトイレ洗浄便座で問合せがあり、

品番と写真があると部品を確定できるという話をしたばかりだったので

写真を撮ってきてくれました。

早速、この写真を元に問合せ、もしものために部品もお預かりしました。

 

便座内部はメーカー対応になるような気もしたので

そのことはK様にお伝えし、まずは問合せの返事待ちです。

取寄せできるといいな。

 

担当:なな

 

生活道路拡幅事業で学ぶ

原則、建築をする際、幅が4m以上ある道路にその敷地が接していないといけないんです。

 

この辺で建築をする際は事前にこんなのを建てますよ、という図面や書類を行政に提出して一定の事項を確認してもらうんです。

これが確認申請。

こんな建物を建てたいので許可してください。じゃなくて確認してねという申請です。

その際に、冒頭の道路のことも報告するんですが、例えばブロック塀などがその4mの中

(道路には両側に敷地があるので、実際にはお互い公平に道路の中心から2m)にブロック塀などがあるとそれを撤去してからじゃないと確認まで進めてもらえない場合もあります。

そんな制度が生活道路拡幅事業。

で、先日。

この、右側に繁茂する植え込みの枝。

この枝、10cmくらいかなぁ、でっぱっちゃってるんです、その2mの範囲に。

そして

切ったのです。

すっきりしました。

原口

外壁のモルタル

先日外壁のモルタル工事が始まりました。

ラスと呼ばれる鉄線を編んだワイヤーを
下地にします。

一度モルタルを塗った後、
ホウキで壁にヘコミを作ります。

そうすることよって仕上げのモルタルが剥がれにくくなるそうです。