外壁 一部貼替工事

「運転免許を取ったばかりの娘が車庫入れで失敗、

外壁にぶつけて外壁を壊しちゃった!」

 

数年前にお引渡ししたお客さまから電話を戴きました

 

早速状況確認に行ってみると…

確かに、駐車場の奥の外壁にある防水コンセントがへしゃげて

外壁サイディングに穴が開いてしまっています

 

ぶつけた車が運よく(!?)スペアタイヤを背負った車だったので

コンセント部分以外の基礎や水切板金などは一切傷付いておらず

金額的にも施工的にも大きなものにならずに済みそうです

 

さて施工…横長のサイディング1枚分だけを交換することにします

これが、遠くから見た損傷部分全体の写真

 

該当部分のサイディング1枚分を剥がします

懐かしい!

当時のオモダカマーク入り遮熱透湿シートが顔を出しました

 

新しいサイディングを貼り、防水コンセントも新しくして

このとおり!

サイディング板間のコーキング施工前の写真ですが

遠目にも、近寄って見ても、全く違和感がありませんね

 

お客さまにも確認してもらって、めでたしめでたしです!

 

担当 : 江畑

倉庫の外壁 一部貼り替え

自社倉庫なのに、裏側だということで

全く手入れしてませんでした…

 

トタン波板の外壁はサビサビ、上部の塩ビ波板は朽ち果てそうな状況

意外にもサビサビのトタンは「味がある」とコアな方々に好評なので

そのまま残しておき、上部の塩ビ部分のみ貼り替えをしました

高所作業車を使って、グレーのGL(ガルバリウム)鋼板を貼ります

GL鋼板は、アルミと亜鉛の合金で錆(サビ)にも強い優れモノ

サビサビの雰囲気は残しつつ、終了!

 

あれ⁉

補修したかどうか分かりません⁉

 

いいんです!

 

担当 : 江畑

飛び跳ね防止!

Panasonicの住宅設備機器展示会に行ってきました

 

大手住宅メーカー「パナホーム(現パナソニック ホームズ)」の親会社でもあり

Panasonicの製品を採用するのは多少抵抗があるところですが

「良いものは良い!」と素直になりたいと思います

 

目で見て納得したのはこちら、おそうじラクラクトイレ「アラウーノ」

便器内に泡を貯めておくことで小便の飛び跳ねを防止する実演

通常便器とアラウーノを並べ、水滴が黒くなるシートを縁に貼って

黒いパイプの先端から水を放出して視覚的にハネを確認…

全くハネないわけではありませんが、その差は一目瞭然

シートが真っ黒になる通常便器に対し、数滴だけのアラウーノ

※通常便器の写真を撮り忘れました<m(__)m>

 

カタログでもアピールされているのですが

やはり実物を目にしないとなかなか凄さが分かりません

展示会の良さですね

 

泡の元は市販の台所洗剤、およそ250ml/3ヵ月使うとのこと

安いと思うか高いと思うかはあなたの感覚次第ですが

いくら言っても座って用を足さない旦那さんでお困りの方は

ぜひどうぞ!

 

担当 : 江畑

ノーパンクタイヤ

思高建設のフォークリフト、後輪側面に大きな亀裂が見つかりました

業者に連絡して交換する予定です

 

先日、出先でふと見掛けたフォークリフトのタイヤは

ちょっとおもしろい形状をしていました

タイヤをアップで見てみると…

側面にはたくさんの凹みがあり、空気を入れるバルブも見当たりません

 

少し調べてみますと、愛知タイヤ工業㈱製「ノーパンクタイヤ」

高速走行には向かないし、乗り心地も少しゴツゴツするとのことですが

所詮フォークリフトにそんな期待はしていません

重いものを運んでもパンクすることが無い、優れたタイヤです

一輪車にも「ノーパンクタイヤ」が採用されているようですね

 

目的を絞って機能・仕様を選ぶ…簡単ながら大事です!

 

担当 : 江畑

 

 

 

下水切替工事

新築して戴いたお客さまのご親戚というご縁で

浄化槽 → 下水への切替工事依頼をお受けしました

当日は…

①清掃業者(地域によって指定されている)による浄化槽内残渣汲取り

②既存浄化槽の解体・撤去搬出処分

③敷地内最終枡(道路の下水敷設時に設置済み)への新排水ルート設置

④既存枡及び最終枡と接続

⑤浄化槽跡の埋め戻し

の流れで施工を進め、1日で完了しました

 

↓ 施工前の状態

大きな丸い蓋が2つある四角いコンクリート土間が

今まで活躍していた合併浄化槽です

 

↓ 施工後の状態

施工後1週間経っての撮影だったので掘った跡も分かりませんね

 

↓ 手前の大きな丸い蓋が、敷地内の最終枡です

市の工事完了検査にも合格し、晴れて下水供用開始です!

 

担当 : 江畑

頑張れ!街の電気屋さん

昨日のタカタイ(上毛新聞 高崎版情報紙)の一面

「知ってる人が出てますね」…専務に促され見てみると

「街の電気屋 強みをPR」「安全、安心、技術力…」

群馬県電機商業協同組合 高崎支部の活動が採り上げられていました

 

価格では量販店にはかなわないけれど

高齢化社会をふまえて「電球1個から届けるきめ細やかなサービス」への

ニーズは大きいはず…という言葉には

思高建設の生きる道にも共通するものがあります

 

組合活動の中心、支部長の清水さんは仕事の関係だけでなく

「たかさきスプリングフェスティバル」の実行委員長ということもあり

地域貢献の面で私も大変影響を受けている方です

 

「価格だけでない何か」を、業種は違っても一緒に追い求められるよう

これからも切磋琢磨しながらやっていきたいですね

 

担当 : 江畑

 

 

 

渋消式火災防ぎょ戦術

4月26日の上毛新聞コラム「三山春秋」

 群馬県渋川市に拠点がある、渋川広域消防本部の消火活動方式が

全国的に注目されるほどとってもスゴいらしいです☆

 

『各職員が「何をすべきか」考える。

 上司は部下の考えを否定せず、背中を押す。

 失敗ではなく、挑戦しないことを叱る。

その積み重ねが、従来通りの業務の見直しにつながったという。』

 

この「3人乗車でも1分で放水開始! 渋消式火災防ぎょ戦術」という本、

早速購入して読んでいます

「吸管伸長(防火水槽からポンプへ水を吸い上げるホースを伸ばす)方法」や

「消防ホースの直径選択(65・50・40㎜…決まってはいないらしい)」など

専門的なことも詳しく書いてあり、全部覚えればすぐに消防車に乗れそうです

 

消防車で現場へ乗り付け、ホースを伸ばして火元に水を掛ける…

当たり前のように消火活動が行なわれているものだと思っていましたが

 

・防火水槽のマンホールの蓋を開けたら(人が落ちないよう)脇にコーンを置く

・丸めて収納している吸管は、(固いので)伸ばす方向が前か後ろかによって

 隊員の動きが変わってくる(ので身体で覚えるよう訓練する)

・「ガンタイプノズル」などの装備品は、「それが良いから欲しい」だけでは

 購入してもらえないので、必要な根拠とデータを提示して交渉する

・消防ホースを収納する専用(!)の既製品は使い辛かったので、オリジナルを製作

…など、今までのやり方を根本的に見直し、限られた人数・予算で

目標時間内(データを基に独自に設定)に、確実に消火できるように考えて

全員で納得しながら改革していったことが分かります

 

消防署員の苦労を知ることができたのも大きな収穫ですし

苦労して得られたこのノウハウが惜しげもなく披露されており

全国の消防関係者に広がって消防活動に役立てて欲しいですね

 

それに、会社経営や普段の生活でも役立つ考え方が、たくさん盛り込まれています

みなさんも機会があったら是非読んでみることをお勧めします

 

担当 : 江畑

 

 

鳥除け、オリジナル

先日訪問した、2年前にお引渡しした住宅

ご要望で設置した懐かしい細工を発見、再度ご紹介

玄関ポーチ上の軒樋に設置された仕掛け、分かります?

 

軒樋に鳥が留まって、下に糞を落とすのを防ぐために…

テグス(釣り糸)をピンと張った簡単な仕掛けです

 

これがなかなか大したもので、この仕掛けを施工して以来

悩みだったポーチタイルの糞汚れが一切無くなったそうです☆

 

担当 : 江畑

進化したオモダカブログ

いつも「オモダカブログ」をご覧戴いているあなた、

ありがとうございます!

 

昨日のブログでもありましたとおり…

一昨日・昨日と、サーバー移行などの影響で

ホームページが少し不安定になっていましたが、

タイトルのとおり、昨日からオモダカブログが進化しました

 

何が?

上図のように、画面上方にサイトのアドレスが表示される

「アドレスバー」があると思いますが、その中身…

「https://omodaka…」の「s」が追加になったんです!

その左側に「保護された通信」という表示も見えますでしょうか

 

今までは「http://omodaka」だったんですが

…普通は気付きませんよね(^-^;

 

通信を暗号化することで、このサイトへの接続がより安全になります

 

今後は「常時SSL化」(https://…)が当たり前になるようですね

思高建設は一足お先に、進化してみました!

 

担当 : 江畑

第30回 たかさきスプリングフェスティバル

もう1週間近く経ってしまいましたが…

 

4月29日昭和の日、音楽センター前&市役所前で今年も盛大に開催されました

「第30回 たかさきスプリングフェスティバル」

 

「第30回」ということは…平成元年からずっと続いています!

 

高崎高校の和太鼓部「漢組(おとこぐみ)」は相変わらず超満員

好天にも恵まれ、演者と観客の熱気でなおさらヒートアップ

 

私が大好きな「高崎 頼政(よりまさ)太鼓」の「鬼二段打ち」

いつ見ても、頼政さん独特の世界に引き込まれますね

 

どの出演団体も、みんな本当に楽しそうに演じているので

観ているこちらも元気をもらえて、とっても楽しくなります

当たり前ですが、「やらされてる感」が全く無い!

心の底から楽しそうに、ニコニコ(あるいは真剣に)やってます 

 

このイベントは、毎回市内の有志が4~5か月の打合せ期間を費やし

高崎市の後援を得て、毎年開催しているものです

 

来年も4月29日に行なわれます、ぜひお越しください!

 

担当 : 江畑