地鎮祭

すっかり秋…といった雰囲気の中、地鎮祭

追々ご紹介しますが、榛名町の梨販売所兼加工場の新築工事です

 

お施主様のご指定がない限り毎回お願いしている

思高建設のすぐ西側にある烏子(すないご)稲荷神社、山田宮司さん

 

「しっかり拝んでおきましたので、もう大丈夫です!」の決まり文句に

いつも癒されています

 

担当 : 江畑

おやじの会 校内キャンプ

連休初日は毎年恒例の長野小学校おやじの会主催「校内キャンプ」

 

今年は都合で体育館での宿泊は無しでしたが、

100名超の小学生が参加して、まずはカレー作り

8つの大きな鍋で、野菜カットから炒め・煮込みまで

完成してから「いただきます」の大合唱です

砂が入っていたり、玉ネギが芯で繋がっていたりしましたが

とてもおいしいカレーでしたよ(^^)/

 

さて、今年の私の担当は「肝試し」

セロファンで照明を赤くして…

廊下の奥に何かが居るの、分かります?

天井に滑車で渡したロープにぶら下がっているのは…

廊下の向こうから揺れながら飛んでくる「フライング貞子」

 

夜の小学校校舎は、大人でも寂しくて怖いもの

悪ノリし過ぎないよう注意したつもりですが

結構な人数の子供たちを泣かせてしまいました

トラウマにならないことを祈ります

 

担当 : 江畑

スピーカー付ダウンライト

昨年デビューしたこの商品、売れているようです

スピーカー付ダウンライト(Panasonic製)

 

スマホなどからBluetoothで音楽を流すことができます

テレビの音声をここから出すこともでき、部屋全体に響くので

音響マニアにもうけている…とのこと

 

IoTを筆頭に、住宅の設備機器がどんどん進化しています

 

担当 : 江畑

MDFシート貼り

中古住宅を購入するかどうか迷っている方から

相談を受けました

 

↓ 写真のように痛んでいる箇所があるけれど「大丈夫でしょうか?」…と

一見したところ「木」に見えますが、実は違います

 

「新建材」として今でも窓枠や笠木、巾木等によく使われている

MDFシート貼り」の表面の化粧シートが、傷や経年変化で

剥がれてしまったようですね

 

家本体の構造や寿命に関わることではないけれど、

「住み心地」を考えると補修しなければならないでしょう

 

どこまでを求めるかによってリフォーム工事の内容も大きく変わります

それによって結局金額も変わります…

 

今回の方も、中古住宅を購入するかどうかは家族の決断待ちだそうです

 

担当 : 江畑

長野堰を語りつぐ会 2019

先週の火曜まで一週間、高崎市役所の2階ロビーで開催されてました

完全ボランティアとして製作された大きなジオラマが3面も!

また、高崎市にとって長野堰がどれだけ大事だったのかを記す詳細な資料も…

 

来場者も熱く質問を重ね、双方とも目がキラキラしていました

 

担当 : 江畑

続く天井

ある物件の2階の部屋、ベランダに面した掃出窓です

ベランダ防水の取り合いがあるので、

厳密にいうと「掃き出し」ではないのですが

こんな感じでベランダも「部屋の続き」の雰囲気を出してます

 

気付きにくい点かもしれませんが…

「部屋」と「ベランダ」の天井を同じ高さに設定しているんですね

 

色も同じ系統に揃えて連続性を持たせています

気付くとちょっといいでしょ?

 

担当 : 江畑

マッピングぐんま

新築予定地が埋蔵文化財包蔵地(遺跡)に含まれるかどうか調べるために

マッピングぐんま」を開いてみました

さすが群馬県(高崎市)、真っ赤っかですね(^-^;

 

マッピングぐんま」は群馬県が管理しているサイトです

 

私が使っているこういった遺跡の情報だけでなく

「公共機関の地図情報」や「映画のロケ地情報」「防災情報」「100名山」などなど

興味深い地図データを無料で閲覧することができます

 

ネットが発達していなかった一昔前を考えると驚きですね!

 

担当 : 江畑

トップライト一考

少し前に流行ったトップライト(天窓)

外部に面していない部屋(や廊下)では、昼間はとても重宝します

ただ…築20数年のお宅で雨漏り、原因はやはり「トップライト」

屋根自体は問題ないものの、トップライトのパーツ劣化が原因で

瓦の裏側に雨水が常に回る状況になってしまっていました

 

そんなお施主さまへ、私(と職人さん)からの提案は…

その名も「ガラス瓦」※写真はネットより拝借

 

トップライトよりも安心、それでいて明るさは同じ!

お見積りはこれから提出ですが、GOサインが出ることを祈って

頑張ります!

 

担当 : 江畑

屋根(招き)カット その2

前回の続き…

 

もともと↓このように3尺出ていた「招き」を

先日大工が、瓦1枚幅まで短くカット↓

傾きも全く無くなり、お施主さまもひと安心です

 

 

担当  :  江畑

屋根(招き)カット!

お客さまの知合いのお宅で、屋根に不具合があると

相談を受けました

 

新築した業者さんはもう営業していないので

なんとかしよう!…と動いています

このお宅の「招き(屋根)」と呼ばれる部分

この招き部分が下がってしまっています

 

瓦職人が一旦瓦を下ろし、大工が屋根を幅方向にカット

これから瓦を葺き直して、仕上げに掛かります

 

担当  :  江畑