曲げ合板

室内の造作で、↓こんなR(アール)加工をすることがあります

固いベニヤ板、こんなに曲げるのは大変!

…ではなく、ちゃんとソレ用の「曲がる合板」があります

 

そりゃそうですね

 

担当 : 江畑

ずっとカゴ展とイタリアの朝市

毎年恒例のイベント、今回も例年通り1月末に開催されます

 

題して…『ずっとカゴ展とイタリアの朝市』

 

1月27日(日)12:00~17:00

1月28日(月)11:00~16:00

 

会場は、もちろん思高建設です!

主催の「手打ちパスタとイタリア料理教室 bottega616」さん

今回は記念すべき10回目という節目、いつに増して気合が入ってます

 

思高建設が会場となるのは4回目?5回目?

今回も駐車場警備、がんばりますよっ!

 

皆さまのお越しをおまちしてます!

 

担当 : 江畑

 

ペットのバリアフリー

アルミサッシだけでなくエクステリア部材メーカーでもある三協立山アルミ

 

カタログの中に「ペットに優しい気配りアイテム」として

人工木(木粉樹脂)製のウッドデッキが紹介されていました

PRポイントを簡単にまとめると…

・表面に凹凸のあるデッキ材で滑りにくく、ペットの足を痛めにくい

・表面に遮熱顔料を使用し、肉球に寒暖のストレスを与えにくい

・無垢の木材と違ってささくれが無く、トゲが刺さらない

・スロープを設置すれば段差もラクラク、飛び降りて骨折したりしない

 

「ん?ちょっとちょっと、ペット…だよね?」と思いましたが

「ペットに優しい=高齢者や幼児にも優しい」ってことですね

 

担当 : 江畑

生コン運び

一段上がった敷地へ上がれるようスロープを造成中

先立ってコンクリート擁壁を設置する必要があり、生コン車を手配

 

生コン車から生コンをユンボのバケットへ

ザザーっと、バケットが一杯になるまで受け止めると

キュルキュルとキャタピラを鳴らしながら打設ポイントへ移動

ザザーっと流し込んだらまた生コン車の元へ…

 

ユンボって、穴を掘るだけでなく、いろんな使い道があるんですね

 

 

担当 : 江畑

ホームステージング

築年数の経ったアパートをリノベーション

約1か月で4部屋を改装しました

 

2DK(ダイニング+和室+和室)の間仕切壁を撤去してワンルームに変更、

できるだけ費用を掛けず、でも素材感を活かした素敵な造りに変わったお部屋は

今までのアパートとはひと味違う、まさに異空間です

 

お引渡し時は何もない空間でしたが、そこへ家具を配置してみると…

ほら、このとおり!

 

物件の魅力がさらに増すよう、こうして家具・小物を配置することを

「ホームステージング」と呼びます

 

入居者がどんどん決まるといいですね!

 

担当 : 江畑

板金屋根 改修工事

「街の電気屋さん」からの紹介を受けて、

築50数年の平屋の板金屋根改修工事を行なっています

 

平屋の屋上に設置されたスチール製ベランダ

最近はここへの上り下りも億劫になってきたということで

まずはこれを、解体撤去処分しました

ほらこのとおり、スッキリしましたね

ベランダの下になっていた既存の板金屋根の表面

長年の風雨に耐えてきたトタン屋根は、ところどころサビサビ…

この上にベニヤを敷き詰め、ルーフィングと呼ばれる第一防水層を造り

そこへ新たな板金屋根を葺いていきます

既存のトタンとは違い、ガルバリウム(GL)鋼板を使用します

縦の一枚一枚同士がしっかりと噛み合っています

屋根の一番高いところ、「大棟(おおむね)」部分の納めです

このあと、大棟に専用加工された幅広い板金を被せて終了!

 

屋根がしっかり造り直されたことで建物の寿命が延び、

今週末の台風にも安心!…となる工事のご紹介でした

 

担当 : 江畑

キッチン…人工大理石カウンター

先日、キッチンの排水が詰まった方から連絡を受け、行ってきました

 

弊社施工のお宅ではなかったのですが、

こういう時に思い出して声を掛けてもらえるのは嬉しいですね

職人さんに、システムキッチンと家側の配管を外してもらい

詰まりを溶かす薬剤&ワイヤーでつつく物理的対応で無事終わりました

 

TOTOの人工大理石カウンタートップでしたが気になる点が…

築10年程度のお宅ですが、全体的に天板が黒ずんでいて

小傷や割れも所々に見えます

 

ステンレス天板よりもインテリアにマッチする人工大理石天板は

やはり人気があります

 

技術がどんどん進歩している昨今…こういった黒ずみや小傷が

目立たない製品が早く出てくるといいんですがね~

 

担当 : 江畑

伸縮テーブル

先日、建材メーカー主催の講習会がある家具屋さんで開催されました

「工務店と家具屋さんのコラボはどうでしょう…」という内容

 

「家具を中心に間取りを設計すれば、快適な日常生活になる」

「高価な家具だとしても、毎日触れるものであればその価値がある」

といった主旨だったかと思いましたが、相変わらず私の興味は逸れて…

 

このダイニングテーブル!

スチール脚・セラミック製天板の外国製(イタリアだったかな?)

まぁまぁ良さそうなダイニングテーブルだな、と思っていたら

天板が伸びるんです!そして質感が良い!

しかも、縮めた時も伸ばした時も違和感が無い!

 

もちろん、天板が伸びるテーブルは珍しくはないのですが

縮めた時にいかにも「実は伸びるんですよ~」という感が無く

しっかりした造りに驚きました

 

家と家具、切っても切れない縁ですから、ここも勉強しなきゃですね

 

担当 : 江畑

ガスコンロ トッププレート

少し前まで加熱機器(コンロ)を選択する際は

IHクッキングヒーターが人気でしたが

最近はガスコンロも進化してきたようです

IH/ガスの「どちらか一方が優れている」訳ではなく

使い方によって「合う・合わない」があります

私たちもそれをお客さまへきちんと説明できるよう

機器の勉強が必要だと痛感しています

 

少し前のお打合せでは、お施主さまのご要望はガスコンロでした

「この機能で満足してもらえるかな」と弊社が提案した機種は

おおまかな機能としてはご要望に沿っていたものの…

1点、天板(トッププレート)の造りが ↓ のタイプでした

私たちよりもカタログを読み込んで打合せに臨まれたお施主さまは

この天板仕様、エッジに汚れの詰まりにくいタイプをご要望されました

 

いろんな機能はもちろんですが、それよりもご要望の上位にあった

「お手入れ・お掃除のしやすさ」を、私たちはご提案できていなかった訳です

 

もちろん金額的には少々アップ、追加金額を戴くことになります

でも「ずっと我慢しながら使い続けていくよりはそこに費用を掛ける!」と

金額アップを了承戴き、採用することになりました

後で気付くよりも先に分かって良かった、とホッとしましたね

言って戴かない限り、お施主さまの頭の中までは分かりませんから

奥さまの「こうしたい!」というご要望を聞き取れて、ひと安心です

 

家造りには、本当にいろんな種類の知識が必要です

個々のご要望をふまえ、仕様と金額のバランスを考えて

お施主さまと一緒になって、満足できるものに仕上げていく…

 

まだまだ修行が続きます

 

担当 : 江畑

黄金の観音様

先日、縁あって福井市まで行ってきました

 

金沢駅までは新幹線、そこから1時間程在来特急に揺られて

全く苦労せず、快適に到着しました

 

途中、加賀温泉駅で停車した際の一コマ

高崎白衣観音を見慣れているせいか

ちょっぴりゴージャス、でも親近感のある観音様

 

1泊でしたが急いで帰る用事もありとんぼ返りの行程…

今度はゆっくり温泉も楽しみたいですね

 

担当 : 江畑