水と高崎の歴史・文化展

長野堰(ながのぜき)、ご存知ですか?

 

「長野堰なくして高崎なし」と言われるほど高崎市にとっては重要な用水

平成28年に「世界かんがい施設遺産」に登録されています

 

この度、高崎シティギャラリーで「水と高崎の歴史・文化展」が開催されます

日時:平成30年7月20日(金)~24(火) 9:00~17:00

場所:高崎シティギャラリー 第二展示室

入場無料!

 

思高建設で住宅を新築されたお客さまが先頭に立って開催されるこのイベント

ぜひ皆さんも足を運んで感動してください!

 

「水は高いほうから低い方へ流れる」

 

当たり前のことですが、たとえどんなに川に近いところある田畑でも

その田畑が川より少しでも高い位置にあれば水は勝手に流れ込んでくれません

 

高崎市は昔から、利根川と烏川という大きな河川に挟まれていながら

「台地」という地形のせいで意外と農業の水利には不便な土地でした

 

そんな悩みを1000年も前から知恵と高い技術力で「長野堰」を開削して解決した

苦労の歴史とその恩恵を、ジオラマや写真で分かり易く説明してあります

 

皆さまお揃いで、是非お越しくださいね!